夕飯にいかが?「牛肉のブリスケットの煮込み」のレシピ

和風以外の煮込み料理をレパートリーに加えたい!という方にオススメの、「牛肉のむね肉(ブリスケット)」を使った煮込み料理をご紹介します。ビーフシチューに少し似た料理ですが、あっさりしているので食べやすいのが特徴です。夕飯のおかずにいかが?

「牛肉のブリスケットの煮込み」レシピ

ブリスケットとは、むね肉のこと。今回は、「牛肉のブリスケット」を使った煮込み料理をご紹介したいと思います。意外にもあっさりしていて食べやすいので、気になる方はぜひチャレンジしてみてくださいね。

材料:4〜6人分

牛肉のブリスケット(むね肉)…… 1.3kg
塩 …… 小さじ1/2
黒こしょう …… 小さじ1/2
オリーブオイル …… 大さじ3
たまねぎ …… 4個(スライスしておく)
にんにく …… 4片
トマトペースト …… 大さじ1と1/2
にんじん …… 3本(皮をむき、適当な大きさに切っておく)
セロリ …… 6本(適当な大きさに切っておく)
小麦粉 …… 大さじ1
ビーフブイヨン …… 1/2カップ
ベイリーフ(ローリエ)…… 5枚
パセリ(トッピング)…… 適量

作り方

① オーブンを175℃に余熱しておきます。ブリスケットの両面に塩・黒こしょうを振り、軽く叩いておきましょう。
② オーブン使用可のお鍋にオリーブオイルを入れ、火にかけて熱します。たまねぎを入れて混ぜながら、きつね色になるまで約10分程度炒めます。
③ 「②」ににんにくを加え、さらに5分程度炒めたあと、火からおろしましょう。
④ 「③」の上に「①」のブリスケットを置きます。このとき、脂身が多い面を上側にしておくのがオススメです。
⑤ ブリスケットの上側に、均一にトマトペーストを塗り、お肉の周りにカットしたにんじん・セロリを置きましょう。
⑥ ビーフブイヨンに小麦粉を加えてさっと混ぜ合わせ、「⑤」に加えます。そこにさらに、ベイリーフ(ローリエ)をプラス。
⑦ お鍋にフタをし、余熱しておいたオーブンに入れ、約3時間半程度熱しましょう。お肉がやわらかくなったら、途中で一度お鍋からお肉を取り出し、約6mm程度の厚さにスライスしてから、再びお鍋に戻して蒸し焼きにしてくださいね。味がしっかりしみて、やわらかい仕上がりになりますよ!
⑧ 塩気にもの足りなさを感じた場合は、塩・黒こしょうをふりかけ、お好みで刻んでおいたパセリをトッピングしていただきましょう。
完成した「牛肉のブリスケットの煮込み」ですが、翌日もおいしく召し上がっていただくことが可能です。その場合には、密閉容器に料理を入れ、冷蔵庫で保管してください。食べる前に再加熱すると、作りたてのおいしさを楽しむことができますよ。

おわりに

夕飯のおかずにオススメの、煮込み料理のレシピでした。ご飯にもパンにも合う万能料理なので、次の日に食べるときには、前日とは違う食べ方で召し上がってみてください。きっと、この料理の虜になりますよ。

また、お鍋ひとつで作ることができるので、後片付けも簡単!レシピを覚えておいて、損はありません。休日などの時間があるときに、ぜひとも作ってみてくださいね。
こちらの海外サイトの記事を参照しました▼

特集

SPECIAL CONTENTS