これさえ覚えれば怖くない!ウォッカのカクテルコンプリートガイド

お酒好きなら、ウォッカを使ったカクテルベースのお酒もハズせませんよね。今回は様々なウォッカのカクテルをご紹介します。ショットで飲む基本の飲み方からフルーツを添えた目でも楽しいカクテルの作り方まで、試してみたいものを一挙ラインナップしました!

カクテルのバリエーションが多いウォッカ

ウォッカといえば、数ある蒸留酒の中でもアルコール度数の強いお酒。ロシアの大柄なおじさんが鼻を紅く染めながら飲むもの、なんてイメージを持っている方もいるかもしれませんね。

女性にとってはなじみの薄いお酒かもしれませんが、ウォッカは炭酸水との相性がことのほかよく、実にさまざまなカクテルに使われています。多少なりお酒をたしなむ人であれば、きっと一度は飲んでいるはずですよ。

手軽に飲むならウォッカトニック

40〜50度とアルコール度数の高いウォッカは冷凍庫に入れておいても凍りません。とろっとして口当たりがまろやかになり、とても飲みやすくなります。それをレモンやライムをかじりながらショットグラスで飲む。これが基本的な飲み方といえるでしょう。

割って飲みたい人におすすめしたいのはウォッカトニック。作り方は簡単で、氷を入れたグラスの中にウォッカを注ぎ、レモンかライムをしぼってからトニックウォーターを適量入れるだけ。

だいたいウォッカ1:トニックウォーター3の割合にしておけばおいしくできあがります。

ウォッカベースカクテルの代表例

ウォッカをベースとしたカクテルは数え切れないほどあります。以下では、様々なウォッカのカクテルをご紹介します。基本のものからフルーツを添えた目でも楽しいものまで紹介しているので、バーや家で飲むときに参考にしてみてください。

なお今回紹介するカクテルは、作り手やベースに使うウォッカの度数などの用いる材料によってアルコール度数に多少の誤差が生じる可能性があるので、ご注意ください。

お酒が弱い人向きのカクテル

スクリュードライバー

油田の作業員がウォッカとオレンジジュースをスクリュードライバーで混ぜて飲んでいたことから、この名前がついたとか。甘くて飲みやすいため女子の人気が高いカクテルです。しかしながら、度数は10度程度あるのでほどほどに。

材料は、ウォッカ:オレンジジュース=1:3です。

ソルティードッグ(ブルドッグ)

「ソルティードッグ」は、ウォッカをグレープフルーツジュースで割ったカクテル。グラスのフチに乗せたお塩のしょっぱさがあとを引きます。ちなみに、フチに乗せた塩を無くすと、「ブルドッグ」というカクテルになります。アルコール度数は10度程度。

材料は、ウォッカ
:グレープフルーツ=1:3です。

モスコミュール

ウォッカをライムジュースとジンジャーエールで割った、酸味のきいたカクテルです。おウチでつくるときは、軽くしぼったライムをグラスに落とすとらしくなりますよ。アルコール度数は10度程度。

材料は、ウォッカ:ライムジュース:ジンジャーエール=3:1:8です。

セックス・オン・ザ・ビーチ

「セックス・オン・ザ・ビーチ」は、ウォッカにフランボワーズやパイナップルジュースを加えた、フルーティーな香りが特徴のカクテルで飲みやすくておいしいです。1989年に公開されたトム・クルーズ主演の映画『カクテル』で生まれて、世界中に知られるようになりました。度数は10度程度。

材料は、ウォッカ:メロン・リキュール:クレーム・ド・フランボワーズ:パイナップルジュース=1:2:1:5です。

ブラッディメアリー

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ushi3

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう