マネしたい!みんなのウォッカカクテル

無味無臭なウォッカは何と合わせても邪魔になることがありません。そんなウォッカを使ったカクテルのアイデアを見ていきましょう。摩訶不思議なオリジナルカクテルに度肝を抜かれますよ。

ブラックベリーウォッカトニック

見た目は美しく、それでいてつくるのは簡単!必要なものは、ウォッカとトニックウォーター、生のブラックベリーとライムだけ。画像のように、しぼったライムをグラスに落とすと、赤いお酒の中でグリーンが映えて見た目のよいアクセントになりそうです。アルコール度数は約10度です。 材料は、ウォッカ:トニックウォーター=1:2とお好みの量のブラックベリーとライムです。

ピンクレモネードウォッカパンチ

見た目もさわやかなカクテルです。ベースはウォッカで、オレンジリキュールを合わせています。赤い色味はクランベリージュースとピンクレモネード。レモンとライム、それぞれの酸味が効いた、すっきりとした味わいを楽しめそう。アルコール度数は好みの度数に自分で調整してください♪

材料は、ウォッカ:オレンジリキュール=4:1とお好みの量のクランベリージュースとピンクレモネード、そしてレモンとライムです。

ストロベリーフレーバーパンチカクテル

アメリカ西海岸の定番パーティーメニュー、パンチカクテル。白ワインとストロベリーフレーバーのウォッカを割って、レモンジュースやジンジャーエールで味を整えているそうです。いかにもパーティーのひと品というにぎやかなスタイリングも素敵ですね。アルコール度数は約10度です。 材料は、白ワイン:ストロベリーウォッカ:レモンジュース:アガベネクター:ジンジャーエール=14:2:1:1:2、そしてイチゴとブルーベリーです。

ラズベリーモヒート風カクテル

南の島でリラックスしている時に味わっている姿を容易にイメージできるカクテルです。さっぱりとした具材に加えて、割り材としてライム味の炭酸水を使っているので飲みやすいですよ。ぜひお試しあれ♪アルコール度数は約10度です。

材料は、ラズベリーウォッカ:ライム炭酸水=1:3、そしてお好みの量のシロップとラズベリー、ミント、ライムです。

ベーコン インフューズド ウォッカ

朝食用のベーコンが余ったときにでも試してほしいのがこちらです。炒めたベーコンを蓋つきの容器に入れ、ウォッカを注いで冷蔵庫内で漬け込むこと数時間。しっかりと色がついたところでグラスに移し、カリカリのベーコンをトッピングしてください。きっとお肉のうまみがたっぷりと感じられるお酒になっているはずです。アルコール度数は割り材を使用していないため約40度。 材料は、ウォッカとベーコンです。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ