連載

美容にはスナップエンドウを。おしゃれレシピと下ごしらえのコツをご紹介

春野菜のひとつ「スナップエンドウ」。肉厚でさやごと食べられて、クセがないので色々な料理に大活躍。豆が見えるようにカットすれば料理のおしゃれ度もぐんとアップしますね!見た目だけじゃなく、美容と健康に嬉しい栄養もたっぷり含まれているんです。

2017年5月24日 更新

スナップエンドウってどんな野菜?

スナップエンドウは、4月から6月が旬の“春野菜”のひとつ。
グリーンピースを品種改良してアメリカで作られたもので、肉厚なさやも丸ごと食べられるのが特徴です。中の実部分も甘みが強く、最近ますます人気が高まっている豆類ですね。

スナック?それともスナップ?

サクッとした甘みの強いさやから「スナックエンドウ」「スナックタイプエンドウ」などと呼ばれることもありますが、農林水産省により正式名称は「スナップエンドウ」とされています。

ちなみに「スナップ(snap)」とは英語で「ポキッと折れる」といった意味で、「スナップエンドウ」という名前はまさに、スナップエンドウの食感の良さを表しています。

選び方と保存方法

まず、さやが鮮やかな緑色をしていて大きく膨らみ、ハリがあるものを選びましょう。大きな実がギュッと詰まっているものがおいしいです。また、ガクがしおれておらず緑色で、ヒゲが白っぽいのも新鮮な証拠。

購入後はビニール袋に入れて野菜室で保管し、1〜2日で使い切るのが理想的です。固めにゆでれば冷凍保存もできますが、解凍時に食感が落ちてしまうのであまりおすすめできません。

下ごしらえとゆで方のポイント

スナップエンドウにはかたい「スジ」があります。おいしく頂くためには、このスジをあらかじめ取り除いておくことが大切です。

ガクの真下にナイフで切れ目を入れ、折るようにカーブに沿って取り除けば外側のスジが取れます。
次にひげ部分を持ち上げるようにしてガクの方に引っ張れば内側のスジが取れます。

スジが残っていると、食感の良いスナップエンドウのおいしさも半減。必ず調理前に取り除くようにしてくださいね。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

國塩亜矢子

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう