連載

アレンジで簡単!味噌汁の6段階活用で離乳食レパートリーを増やそう

離乳食後期になり離乳食が一日3回になると、食べさせるのは嬉しい……でも、毎日の献立作りにちょっと悩んでしまうことはありませんか?難しく考えなくて大丈夫。今回は残り物のお味噌汁から、6種類の違うメニューに変身させるテクニックをお伝えします。

2016年3月10日 更新

ライター : 中田 馨

一般社団法人離乳食インストラクター協会代表理事

保育士で中田家庭保育所施設長。関西と関東中心に離乳食講座を開催、クックパッドベビーでも執筆中。“かおりの「和の離乳食レシピ」ブログ”で離乳食レシピを毎日投稿中。

毎日メニューを考えるのはちょっと大変?

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。 赤ちゃんが9カ月以降になり、3回食が始まると、ママたちのメニュー作りも少し大変になります。 もちろん赤ちゃんがたくさん食べて成長してくれるのは嬉しいですが、献立を考え、作り、食べさせて、片づける。また献立を考え、作り、食べさせて……これが3食続くとなると、ときに疲れてしまうこともあるのでは? わたしの離乳食講座を聞きに来てくださるママの中にも「一日中キッチンに立っている」と悩んでいる方が多くいらっしゃいます。
そんな悩めるママのために、残り物をアレンジして作る離乳食レシピを紹介します。 基本のお味噌汁に、ちょっと手を加えるだけで6種類の新しいメニューに変身しますよ!

基本のお味噌汁レシピ

3色野菜のお味噌汁

【材料】 にんじん、大根、ほうれん草(合わせて)50g かつお昆布だし 400ml 味噌 1g 【作り方】 1. にんじん、大根は1センチの千切りに、ほうれん草は1センチ幅に切ります。 2. かつお昆布だしににんじん、大根を入れて煮ます。 3. 大根が軟らかくなったら、ほうれん草を加えて煮ます。 4. 味噌で風味づけします。
今回は離乳食完了期の赤ちゃん向けレシピをご紹介しますが、大根、にんじん、ほうれん草の3色野菜は離乳食初期から食べられます。それぞれのレシピの下に、各月齢向けの調理方法をご紹介していくので参考にしてください。

初期〈3色野菜の裏ごし〉

昆布だしで煮て裏ごしします。

中期〈3色野菜のスープ〉

かつお昆布だしで煮てみじん切りに。味付けはしません。

後期〈3色野菜のお味噌汁〉

完了期と同じ作り方でOK。野菜の大きさは5ミリにしてください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS