ライター : Raico

製菓衛生師 / スイーツ&フードアナリスト / フードライター

情報誌の編集・ライターとして出版社に勤務後、パティシエとしてホテル・洋菓子店・カフェレストランにて修業を重ね、デザート商品開発に携わる。一方でフードコーディネーター、ラッピ…もっとみる

簡単シフォンケーキを、サンドにアレンジしよう!

Photo by Raico

シフォンサンドとは、シフォンケーキにクリームやフルーツをはさみデコレーションしたもの。見た目が華やかに仕上がるだけでなく、生地・クリーム・具材がひと口で楽しめます。シフォンケーキの生地はふわふわと軽く、口当たりがよくて食べやすいのが魅力。

ベースのシフォンケーキがうまく作れたら、お好きなものを自由にトッピングすればOKです。この記事ではパティシエであるライターが、プレーンシフォンケーキで作る5種類のシフォンサンドをご紹介します。

まずはベース作り。プレーンシフォンケーキ

Photo by Raico

調理時間:50分

基本となるプレーンタイプの、シフォンケーキレシピ。ふわふわにふくらみやすいよう、卵黄よりも1個分多い卵白を使い、メレンゲを作ります。メレンゲをしっかりと泡立てたら、なるべくつぶさないように生地と混ぜ合わせましょう。素朴でシンプルな、飽きのこない味わいです。

材料(17cmのシフォン型1台分)

Photo by Raico

・薄力粉……70g
・ベーキングパウダー……小さじ3/4杯
・卵黄……3個分
・水……40cc
・サラダ油……30cc
・グラニュー糖(生地用)……30g
・卵白……4個分
・グラニュー糖(メレンゲ用)……60g

下ごしらえ

・薄力粉とベーキングパウダーは、合わせてふるっておく
・オーブンは170℃に予熱する

作り方

Photo by Raico

1. ボウルに卵黄とグラニュー糖(生地用)を入れ、白っぽくなるまで泡立て器またはハンドミキサーで混ぜる(写真1)

2. サラダ油を加えて混ぜ、さらに水を加えて混ぜ合わせる(写真2)

3. 清潔なボウルに卵白を入れて軽くほぐし、グラニュー糖(メレンゲ用)を3回に分けて加えながらハンドミキサーで泡立てる(つやが出て、すくったときにしっかりと立つくらいが目安)(写真3)

4. 23の1/3量を加え泡立て器で混ぜ合わせたら、ふるっておいた粉類をふるいながら1/2量加え泡立て器で混ぜ合わせる(写真4)

Photo by Raico

5. 残りの粉類を混ぜ合わせ、残りの3を2回に分けて、ゴムベラで切るように混ぜ合わせる(写真5)

6. 5をシフォン型に流し入れ、竹串を混ぜながら生地をならす(写真6)

7. 170℃のオーブンで、35分ほど焼きます。網の上に逆さにして冷ます(写真7)

8. 型に包丁やパレットナイフを沿わせながら、生地を外す(写真8)

1. ゴールデンコンビ。いちごのシフォンサンド

Photo by Raico

調理時間:10分

いちごと生クリームを組み合わせる、定番のシフォンサンドです。ふわふわなシフォン生地に、いちごの酸味とホイップクリームのなめらかさがたまりません。いちごジャムをプラスしたり、お好きなフルーツで作ったりしてもOK。カスタードクリームで作っても、おいしいですよ。

編集部のおすすめ