バラにもハートにも大変身!イチゴの飾り切りの作り方まとめ

真っ赤で甘く、ジューシーなイチゴ。ケーキやスイーツのデコレーションには欠かせないくだものですよね。今回は普通のスイーツが、イチゴの飾り切りだけでゴージャスになる、イチゴひとつでできるバラの作り方や、飾り切りのアイデア5選をご紹介します。

イチゴの飾り切りでスイーツを華やかに!

真っ赤でキュートなフレッシュいちご、ケーキやスイーツのデコレーションには欠かせないフルーツです。そのイチゴを使った飾り切りがとてもかわいくておしゃれだと、人気が浸透し、実際に試している人もじわじわ増えているんですよ!

今回はそんないちごの飾り切りの切り方やアレンジ方法など、まるごとご紹介します。普段お菓子作りをしない人やズボラさんでも、少し丁寧に動かせば簡単に完成できるので、ぜひトライしてみてくださいね。

意外と簡単!バライチゴの作り方

いちごに切り込みを入れている画像

Photo by macaroni

1.洗ったいちごのヘタをカットし、下にして置いたら、外側から切り込みを入れていきます。
いちごに切り込みを入れている画像

Photo by macaroni

2.先端から根本にかけて、なるべく薄く・深くランダムに切り込みを入れてバラを作ります。
いちごで作る薔薇の切り飾りの画像

Photo by macaroni

3.中央まで切り込みを入れたらできあがりです。
▼いちごで作るバラの飾り切りは動画でもっとわかりやすく!

上手に作るコツ

・一つひとつの切り込みを薄くし、切り込む数を多くするとイチゴの花びらが広がり、よりゴージャスで大きなバラに仕上がります。
・中央は包丁の先端部分を使用し、つぼみの部分をイメージしてチョンチョンと切込みをいれましょう。
・イチゴのヘタ部分をおさえて切り込みを入れるので、指を切らないように注意してくださいね。

バラ以外のイチゴの飾り切りアレンジ

イチゴを縦に薄くスライス

バラのイチゴに少しハードルを感じる方は、スライスするだけでもゴージャスで豪華な印象があたえられますよ。この飾り切りの場合は、ヘタは取らずに均等な薄さでカットしていきましょう。

スライスしたイチゴでバラを

いちごを薄くスライスし、少しカーブさせたら、本物のバラの花びらのように成形していきます。コツとしては、生クリームやジャムなどの上に作ることにより、粘着性があるため崩れにくく形が作りやすいですよ。よく切れるナイフや包丁でうすーくスライスするのが、上手に作るポイントです。

ハートの飾り切り

特集

SPECIAL CONTENTS