切り方ひとつでテーブルが華やぐ♪ レモンの飾り切りテクニック4種

年末に向けてパーティーの機会も多く、料理を見栄えよく盛り付ける機会も増えます。オードブルや揚げ物に添えるレモンも、切り方ひとつでぐっと食卓を華やかに演出してくれますよ。ナイフひとつでできるレモンの飾り切りアイデアを4種行程写真付きでご紹介します。

2019年11月6日 更新

ひと工夫でぐっと華やかに!

飾り切りしたレモンが並べられた白い皿

Photo by muccinpurin

料理のおいしさはもちろんですが、これからのパーティーシーズンは見た目の特別感が食卓をより華やかに演出します。

揚げ物やオードブルに添えるレモンも、カットの仕方ひとつで見た目がぐっとよくなりますよ。ナイフひとつですぐできる、レモンの飾り切りテクニックをご紹介します。

レモンの飾り切り4種

飾り切りの前に……

レモンに塩をこすりつけて洗う

Photo by muccinpurin

塩(分量外・大さじ2杯ほど)に水を少し加えて混ぜ、しっとりさせたものをレモンの表面に手のひらを使ってこすりつけて洗います。へたのまわりやくぼみは指を使ってしっかりとこすってください。

全体をこすり終えたら、ぬるま湯で塩を洗い流します。こうするとワックスや汚れが落ち、さらにレモンの香りもよくなります。

1. レモンのカゴ

サラダのドレッシングやディップを入れるのに使えるレモンのカゴは、果汁を絞った残りのレモンも無駄なく使いきれます。
半分にカットしてなかをくり抜いたレモン

Photo by muccinpurin

レモンを半分にカットし、スプーンでなかをくり抜きます。わたの部分もきれいに取り除くと見栄えがよくなります。

底の部分をカットし、安定をよくします。
ミントを持ったレモンのカゴ

Photo by muccinpurin

ナイフの先を使い、ギザギザと一周切り込みをいれていきます。

ゆでたまごでお花を作るのと同じ要領ですが、レモンは固いのでナイフでけがをしないように注意してくださいね。

切り込みの深さや角度を変えると、印象が変わるのでいろいろと試してみてくださいね。

2. 半月レモン

半分にカットしたスライスレモン

Photo by muccinpurin

レモンを5mmほどの厚みにスライスし、半分にカットします。

普段のスライスより厚めにするほうが細工がしやすくなります。
花のように皮をむいたレモン

Photo by muccinpurin

レモンの皮の黄色と白の境目にナイフを入れ、レモンの果肉が菊型のようになるように弧を描きながら皮をむいていきます。ナイフを上下に小刻みに揺らしながらむくときれいにむくことができますよ。

弧の切り込み部分にしっかりと刃を入れると、アーチが美しくなります。最後の5mmほどを切り離さずに残しておきましょう。
白い皿にふたつ並んだ半月レモン

Photo by muccinpurin

皮をむいた部分を内側に折り返し、形を整えてできあがりです。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう