笑顔こぼれる♪大小2つの「タコさんウインナー」の作り方

昔も今も変わらないお弁当おかずの定番「タコさんウインナー」の切り方2種と加熱法3パターン、みんなのタコさん5選をご紹介します。子どもだけでなく大人まで笑顔になる「タコさんウインナー」をマスターして、食卓やお弁当を楽しく演出しましょう!

2018年10月19日 更新

タコさんウインナーの作り方を詳しくご紹介!

タコさんウインナーの写真

Photo by suncatch

ウインナーを飾り切りにした「タコさんウインナー」は「ウサギのりんご」と並び、昔から子どもに人気のお弁当おかずです。そのせいか、タコさんウインナーはちいさなお子さんだけでなく、ごちそうを食べ慣れた大人までもがハッピーな気持ちになる、特別な存在なんです。

キャラ弁の手の込んだ作業が得意じゃないというう方も、タコさんウインナーをマスターすれば、食卓やお弁当を楽しく演出できますよ。今回は基本の切り方2種と加熱の方法3パターンをご紹介します。みんなのアレンジレシピ5選も必見です!

タコさんウインナーの作り方

タコさんウインナーの完成写真

Photo by suncatch

ウインナー1本で1匹のタコさんを作る切り方からスタートします。足が8本の赤いタコさんウインナーは、昭和の時代から定番のスタイル。大人の男性でも、懐かしさに思わず顔がほころんでしまうかも。

8本の足の太さと長さを均等にするには、初めの4等分を丁寧にカットするのがポイントです。

材料(3個分)

3本の赤いウインナー

Photo by suncatch

赤ウインナー…3個

切り方

1. ウインナーの2/3の位置に包丁の刃先をあて、縦半分に切り込みを入れます。
ウインナーを切る写真

Photo by suncatch

2. 90℃回転させ同じように切り込みを入れ、4本足にします。
切り込みを入れたウインナー

Photo by suncatch

3. 足のつけ根の内側からそれぞれ縦2本に切り分け、8本の足にします。
切り方

Photo by suncatch

4. 残りのウインナーも同様にカットしましょう。
切り込みを入れたウインナー

Photo by suncatch

上手に切るコツ

・切り始めは刃先がまな板に当たるまで差し込み、そのまま包丁を引いて切ると、同じ足の長さになります。

・4本足にするとき、まな板を使わずウインナーを手で持ち、十字に切り込みを入れる方法もあります。足の長さや太さがそろえやすいですが、切りすぎないようゆっくりと注意して切りましょう。

ミニタコさんウインナーの作り方

ミニタコさんウインナーの完成図

Photo by suncatch

お弁当に盛り付けしやすいミニタコさんウインナーは、1本で2匹のタコさんが作れます。冷蔵庫に残っているウインナー1本だけでお弁当を楽しく演出できて、とても便利!

2つに切り分ける時の角度によってさまざまな形のタコさんになるのも、ミニタコさんの魅力です。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

suncatch

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう