ウインナーとフランクフルトの違いとは?これでソーセージ偏差値UP

腸詰め肉のウインナー、フランクフルト、ソーセージ。フランクフルトはウインナーより大きいなど、なんとなくの違いのイメージはあるかと思いますが、具体的にどのような規定で分類されているのかご存知でしょうか。それぞれの違いと名前の由来を紹介します。

ウインナー、フランクフルト、ソーセージ……何が違うの?

私たちがふだん食べているウインナー、フランクフルト、ソーセージといった加工肉。形状、肉、食感、味など基本的に大差なく感じますが、一体何が違うのか気になりませんか?

実は、どれも総称はソーセージです。豚や牛、羊などの腸にひき肉を詰めた腸詰肉のことですね。中に詰めるひき肉は塩こしょうやハーブなどで味付けし、詰めたものは茹でる、煮る、焼く、燻すなど加熱することで食べられます。

この広い意味でのソーセージを細分化したものがウインナーやフランクフルト。ここにさらにボロニアソーセージが加わります。名前の由来はそれぞれが作られた国です。ウインナーはオーストリア(ウィーンの地名から)、フランクフルトはドイツ、ボロニアはイタリア(ボローニャから)が由来となっています。

それぞれの違いについて

さて、それぞれ名前の由来が誕生した地名であることがわかりました。では、どのように見分けることができるのでしょうか。日本での簡単な定義づけから紹介していきましょう。なお、日本では本物の動物の腸を使っていない場合もしばしば。規定には使用する動物の腸もひとつの見分け基準になりますが、大抵は太さだけが目安と考えられます。

ウインナーソーセージ

ウィーンで誕生したウインナーソーセージは、日本では羊の腸に詰められた肉類、または太さが20mm未満のもの(牛、豚の腸を除く)であると規定されています。今回ここで紹介するソーセージの種類の中ではもっとも小さく細いタイプのものになります。お弁当によく使うタイプのものはこのウインナーソーセージにあたります。

フランクフルトソーセージ

日本では屋台でよく見かける「フランクフルト」。これはドイツのフランクフルト発祥のソーセージです。日本の規定では、ひき肉に小麦粉やコーンミールといった結着材料を加え、豚の腸を使用したもの、または20から36mm未満のタイプのもの(牛、羊の腸を除く)とされています。

ボロニアソーセージ

日本ではあまりなじみがないのがこの「ボロニアソーセージ」です。日本の規定では、ひき肉に小麦粉などの結着材料を加え、牛の腸を使用したもの、または太さが36mm以上のもの(豚、羊を除く)とされています。3種類の中でもっとも大きく太いタイプのソーセージですね。

本場では分類方法が違う!

日本での基準には、それぞれ本来使用する腸の種類のほかに太さのサイズ規定がありますが、本場の分類ではサイズ規定がありません。太さを基準とするのは人工詰め袋(ケーシング)を使用している場合、日本だけで、本場ではサイズにかかわらず使用する腸によって種類が分かれます。

ウインナーソーセージ

ウインナーソーセージの本場、オーストリアでは、基本的に羊の腸に詰めたソーセージをウインナーソーセージと呼びます。例えそれが20mmより太かったとしても、フランクフルトにはなりません。

ただし、本場でも全て天然の豚の腸を使用しているかというとそうではなく、場合によって異なります。腸をケーシングとして使用するには多くの動物を殺さなければなりませんが、人工ケーシングを使えばその必要はありません。日本でも本場でも、時代の変化に合わせて製法が変わり、もともとの材料がその名残として名前に残っているといえますね。

フランクフルトソーセージ

フランクフルトソーセージの本場ドイツでは、豚の腸を使用したソーセージをフランクフルトソーセージと呼びます。豚の腸は羊よりも少し大きいため、日本では20から36mm未満という規定ができたというわけです。

天然の豚ケーシングを使用していれば、20mm未満であろうが36mm以上であろうがそれは「フランクフルトソーセージ」と定義されます。

ボロニアソーセージ

ボロニアソーセージの本場イタリアでは、牛の腸を使用したソーセージをボロニアソーセージと呼びます。羊、豚に比べて大きな牛は腸のサイズも大きく、結果としてソーセージも大きくなるというわけです。

ほかのソーセージと同様、本場でも人工ケーシングを使用することがあり、その場合はサイズ規定によって名前が定まります。

全部ひっくるめてソーセージ

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

aaaharp

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう