ライター : Raico

製菓衛生師 / スイーツ&フードアナリスト / フードライター

情報誌の編集・ライターとして出版社に勤務後、パティシエとしてホテル・洋菓子店・カフェレストランにて修業を重ね、デザート商品開発に携わる。一方でフードコーディネーター、ラッピ…もっとみる

オレンジの切り方「カルチェ」

Photo by Raico

それでは基本のオレンジの切り方「カルチェ」をご紹介します。オレンジの皮も薄皮もすべて取る方法で、見た目がきれいなだけでなく口当たりも抜群に良くなります。そのまま食べるだけでなく、デザートや料理に幅広く活用できますよ。

切り方

1. オレンジの皮をむく

Photo by Raico

オレンジのヘタの部分と底の部分を包丁で切り落とします。

Photo by Raico

オレンジの形に添って上から下に包丁を入れて、皮を切り落としていきます。

2. オレンジをひと房ずつ切り分ける

Photo by Raico

オレンジの身と薄皮をはずしていきます。薄皮にそって包丁の刃を両方から入れ、オレンジの身をひと房ずつ切り離していきます。

Photo by Raico

取り切れなかった薄皮や種を包丁できれいに取ったら完成です。

作るときのコツ

包丁はペティナイフを使い、良く切れるものを使うことがポイントです。包丁は研いであるものを使いましょう。 切れ味のいい包丁を使うことで、薄皮をオレンジの身から切りやすく、きれいにはずすことができますよ。切るときに果汁が無駄に出てしまうことを防いでくれます。

切り込みを入れて食べやすい「スマイルカット」

Photo by Raico

こちらもオレンジの基本の切り方の1つで「スマイルカット」と呼ばれるくし切りの方法です。オレンジをフルーツとしてそのまま食べるときには、この切り方がお手軽ですよ。切り込みが入っているので、手に持って食べやすくなっています。オレンジのほか柑橘類でも応用できるので、皮の剥きづらい柑橘類はこの方法を試してみてください。

【飾り切り1】りんごだけじゃない!「オレンジうさぎ」

くし形に切ったオレンジをアレンジした「オレンジうさぎ」です。りんごを使う飾り切りとして知られていますが、オレンジで作っても簡単でかわいらしく仕上がりますよ。くし切りにしたオレンジの皮の部分に、V字に切り込みを入れればOK。フルーツヨーグルトもフルーツの切り方を少し手を加えるだけで、華やかになりますね。

特集

FEATURE CONTENTS