ライター : みのすけ(柳谷みのり)

菓子教室運営

「みのすけ通信お菓子教室」という通信専門の教室を運営しています 。忙しいかたでも楽しくおいしいお菓子作りが楽しめるようなレシピやポイントをご紹介してまいります。

オレンジスライス缶をご存じですか?

Photo by みのすけ

手軽に見栄の良い手作りお菓子を作りたい……! そんな方におすすめしたい製菓食材が、オレンジスライス缶。製菓材料店や通販で購入することができます。

甘さ控えめなシロップでコンポートされたオレンジは、均等にスライスされていて、きれいな形を保っているのに皮までやわらか。とても見栄えが良く、お菓子にのせるだけで主役になること請け合いです。さわやかな甘みとほのかな苦みは、風味の面でも良いアクセントとなるでしょう。

オレンジスライス缶はここが便利!

魅力その1|保管しやすい

Photo by みのすけ

オレンジスライス缶は、キッチンペーパーなどで水気を切れば、開封後すぐに使うことができます。すぐに使わない場合は、1枚か2枚程度を重ならないようラップで包み、フリーザーパックに入れて冷凍庫に入れておくと日持ちして、使いたいときはすぐに使えるのでおすすめです。

Photo by みのすけ

保存する前にフリーザーバッグに日付を書いておきましょう
解凍は常温解凍でOK。すぐに解凍したい場合は流水に当てて解凍し、水気を拭くと良いですよ。

魅力その2|焼いてもそのままでもおいしい

Photo by みのすけ

ゼリーにオレンジスライス缶の中身をのせた例
焼き菓子にのせて焼くのはもちろん、そのままケーキやゼリーに飾ってもおいしく召し上がれます。

Photo by みのすけ

オレンジスライス缶の中身を焼き菓子に使用した例
アイデア次第でいろんな場面で活躍する素材ですよ。

オレンジスライス缶活用レシピ!ワンボウルで作る映えマフィン

Photo by みのすけ

オレンジスライス缶の存在感を生かしたマフィン「オレンジきび糖マフィン」の作り方をご紹介します。ワンボウルでぐるぐる混ぜるだけですぐに作れますよ。

材料(マフィン型6個分)

・卵(M)……2個
・きび砂糖……100g
・米油( サラダ油などほかの植物油でもOK)……50g
・ヨーグルト……80g
・薄力粉……120g
・ベーキングパウダー……5g

仕上げ用
あんずジャム……約30g程度

下準備

・薄力粉とベーキングパウダーをふるっておく

・湯せん(70℃程度)を準備する

・マフィン型に紙カップを敷いておく

・オレンジスライス缶の水気をキッチンペーパーでふきとっておく。

・オーブンを170℃に予熱する

編集部のおすすめ