北欧のグラタン!「ヤンソンさんの誘惑」の楽ちんレシピに負けそう

近ごろInstagramでは「ヤンソンさんの誘惑」に負ける人が続出しているんだとか。ヤンソンさんの誘惑……何それ?ムーミンの作者?と思った方必見。身近な材料でパパッと作れてとってもおいしい「ヤンソンさんの誘惑」をご紹介します。

「ヤンソンさんの誘惑」ってなに?

「ヤンソンさんの誘惑」と聞いたら、どんなものをイメージしますか?「ムーミン谷シリーズ」の作者、トーベ・ヤンソンさんを思い浮かべる方が多いんだとか。しかし、実はこれ、スウェーデンの家庭料理の名前なんです。

昔スウェーデンにヤンソンさんという宗教家がいて、信心のため厳格なベジタリアン生活を貫いていたものの、ある日あんまりおいしそうな匂いに誘われて、つい食べてしまった料理……それが「ヤンソンさんの誘惑」なのです。

信仰の篤いヤンソンさんも思わず誘惑に負けてしまった料理、食べてみたいですよね!これが意外と簡単に作れてしまうので、レシピをご紹介したいと思います。

「ヤンソンさんの誘惑」基本のレシピ

材料(2〜3人分)

じゃがいも:4個
玉ねぎ:1個
北欧産のアンチョビ:4枚
生クリーム:200cc
バター:適量
パン粉:適量

作り方

1.じゃがいもは皮を剥き、千切りにします。アンチョビは細かく刻んでおきます。
2.玉ねぎは薄切りにし、バターでしんなりするまで炒めましょう。
3.耐熱皿にじゃがいも、たまねぎ、アンチョビと繰り返し重ね、最後に生クリームを注ぎ、パン粉を散らします。
4.200度のオーブンで40分ほど焼いたら完成です!
※焦げてしまう時は、アルミホイルをかぶせましょう。

「ヤンソンさんの誘惑」をアレンジ!

ベーコン入りで、さらなる誘惑

アンチョビだけでなく、ベーコンを入れてもおいしくできます。じゃがいもとベーコン……この組み合わせは、ヤンソンさんじゃなくてもたまりませんよね。

アーモンドミルクでさっぱりと

アンチョビ缶を利用して、さらに豆乳2〜3カップを使ってあっさり味に仕上げる方法も。こってりウリではありますがこれだと罪悪感なく食べることができますよ。

お手軽キッシュ風にアレンジ

キッシュ皿で焼き上げれば、こんなに見栄えのするキッシュ風アレンジも簡単にできちゃうようです。これは真似してみたいですね!休日のランチなどにおすすめですよ。

『ムーミンママのお料理の本』にも掲載!

とってもおいしい「ヤンソンさんの誘惑」、はじめにトーベ・ヤンソンさんとは関係ない由来の料理とご紹介しましたが、表紙のイラストが愛らしい『ムーミンママのお料理の本』(講談社)にも登場するんだとか!

なかなか手に入りづらくなっているようですので、気になる方は探してみてくださいね!

ヤンソンさんのように、誘惑されてみない?

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう