朝ごはんにいかが?「プロテイン・グラノーラバー」の作り方

朝ごはんにも軽食にもぴったりのグラノーラバーを作ってみませんか?チアシードやオーツ麦を使って、ヘルシーで食べ応えもあっておいしいバーだそうですよ。海外のレシピからご紹介します。ダイエット中の方には特におすすめですよ!

2015年10月7日 更新

グラノーラってよく聞きますが、具体的にはどんなもの?

オーツ麦や麦、玄米、とうもろこしなどがメインの穀物加工食品とココナッツなどナッツ類を砂糖やハチミツ・メープルシロップ・植物油と混ぜてオーブンで焼いたものを「グラノーラ」と言います。シリアルの種類ですね。乾燥させたフルーツを入れることもよくあるみたいです。 もちろん牛乳やヨーグルトをかけて食べてもおいしいですよね!

グラノーラの効能とは?

グラノーラの主な原料は、先ほどもお話ししたように「オーツ麦」です。オーツ麦は栄養分が豊富で、不溶性だけでなく水溶性の食物繊維も含んでいるんですって。不溶性の食物繊維は便通を良くするのを助けてくれ、水溶性食物繊維は血糖値の上昇を抑制してくれます。 玄米と比べても、グラノーラは食物繊維は約3.5倍、カルシウムは約5倍、鉄分は約2倍とすぐれているんですね。またよく噛んで食べることができるので、満腹感を得やすく一回食べると腹持ちもGOOD! 最近はグラノーラをバーの形状にして食べるのが、持ち運びもしやすく人気なんだそうですが、今回ご紹介するレシピもまさにそれです。

プロテイン・グラノーラバーの作り方

材料

昔ながらのロールドオーツ(押し麦=オーツ麦を押したもの)...カップ2杯分 バニラ味のプロテインパウダー...カップ2分の1杯分 チアシード...大さじ2杯 シナモン...小さじ1杯 食卓塩...小さじ4分の1杯 バター...カップ3分の1杯分 純粋なハチミツ...カップ2分の1杯分 牛乳...カップ2分の1杯分(種類はどんなものでも構いません) ミニチョコレートチップ...カップ2分の1杯分 バニラエッセンス...小さじ1杯

調理方法

1、まずオーブンは180度に予熱しておき、天板は真ん中よりやや下にセットします。型には内側に油を軽く塗っておきます。いったんそのまま脇におきましょう。 2、大きなボウルの中に、オーツ麦・プロテインパウダー・チアシード・シナモン・塩を入れてよくなじむまで混ぜ合わせます。 3、別のボウルでは、バターとハチミツ・牛乳・チョコチップ・バニラエッセンスを入れてこちらもよくなじむまで混ぜましょう。 4、乾燥している材料の中に混ぜ合わせたバターの混合物をそそぎます。撹拌して完全に混じり合うようにしましょう。ゴムベラを使って油を塗った型の中に混ぜ合わせたものを入れて、しっかりと均等な厚さになるように押していきます。 5、18分間オーブンで焼きます。端っこの部分がきつね色になるまで焼きましょう。真ん中の部分はやわらかくないといけません。 6、バーの形状にカットする前に、型の中で完全に冷めるまでそのままにしておきます。 7、必要に応じて、型にカバーをして冷蔵庫で寝かせます。そのほうがカットしやすいかもしれませんよ。
チアシードのほか、あるいは代わりに、お好きなナッツ類を入れてもいいと思いますよ。あなた好みのグラノーラバーにしてくださいね。

こちらの記事を参照しました。

特集

FEATURE CONTENTS