材料2つで楽々!「牛乳豆腐」の作り方&活用レシピ6選

牛乳を分離させて作る「牛乳豆腐」。今回はその簡単な作り方と、さまざまな活用レシピをご紹介します。カッテージチーズとして使えるので、いろんな使い方ができるんですよ。材料はたった2つなので、あなたも作ってみませんか?

牛乳豆腐とは

「牛乳豆腐」は、牛乳にレモン汁やお酢を加えて分離させ、水分(ホエー)を絞って残った固形物のこと。この作り方はカッテージチーズと同じで、簡単にできる「手作りカッテージチーズ」として、多くの方がチャレンジしているんですよ。

牛乳豆腐の作り方

手作りのカッテージチーズ

Photo by macaroni

材料(約150g分)

・牛乳   500cc
・レモン汁 大さじ2杯

作り方

1. 鍋に牛乳を入れて火にかけ、60度に温めたら火を止めてレモン汁を加え、すばやく混ぜます。
2. 5〜10分ほど置いたら、下の画像のようにもろもろとした固形と液体(ホエー)に分離します。
牛乳が分離した様子

Photo by macaroni

3. 2をキッチンペーパーをのせたザルに流し入れ、こします。ホエーが下に落ちたらキッチンペーパーでチーズを包み、軽く水気を絞って完成です。ホエーには栄養がたっぷり詰まっているので、そのまま飲んだりジュースや料理に使ってみてくださいね。

お酢でも作れる!

今回はレモン汁で作りましたが、食べ方によってはお酢で作るほうがいい場合もあります。スイーツ系に使うならレモン汁、食事・おつまみ系に使うならお酢を使いましょう。お酢で作る場合も、分量はそのままでOK!

牛乳豆腐の食べ方

できあがった牛乳豆腐をシンプルに楽しみたいなら、以下のような食べ方を試してみてください。味わいをストレートに堪能できますよ。

サラダ

もっともシンプルなのが、こちらの食べ方。サラダの具材として、仕上げにカッテージチーズをまぶしましょう。分量はお好みでどうぞ!

カナッペ

クッラッカーやバゲットなどにカッテージチーズをのせて、いただく食べ方です。小腹が空いたときのおやつや、おつまみとしてワインに合わせるのもいいですね。

生姜醤油

特集一覧

SPECIAL CONTENTS