簡単!「型なしタルト」でお食事系もスイーツもお手の物

日々いろんな話題を提供してくれるインスタグラムで、「#型なしタルト」というスイーツがあるのをご存知ですか?型がなくても簡単に焼けて、洗い物も減らせるお手軽レシピ!基本のレシピからみんなのアイデア、考案者のレシピ本などたっぷり紹介します!

型なしタルトってどんなタルト?

型なしタルトとは、型を使わないで焼き上げるタルトのことです。タルト生地にクリームやフルーツをトッピングして、中身を包むように淵をぐるっと折りたたんだり、ちょっとつまんで立てて形にしたりと見た目は様々。

本来のタルトは、型の大きさに合うよう生地を成形し、型につめて……、と工程が少々大変でハードルが高いイメージがありますよね。そもそも型なんて持っていない、という方もいらっしゃるかもしれません。でもそんな人にこそ試して欲しいスイーツなんですよ。

型なしタルトの基本レシピ

ボウルに薄力粉、塩、砂糖を混ぜ、さらにサラダ油を加えポロポロの状態になったら牛乳を入れて混ぜ合わせます。生地がまとまったら、ラップの上にのせ、さらにラップをかぶせ、麺棒で直径20センチほどの大きさに伸ばします。冷蔵庫で1時間ほど休ませたら、バターやアーモンドパウダー、砂糖などで作っておいたアーモンドクリーム、缶詰の桃を並べ、周囲のタルト生地を折り上げ、形を整えます。180度に余熱したオーブンで25〜30分ほど焼いから完成です!お好みで粉糖をふりかけていただきます。

Instagramの可憐なアイデア

プラムとブルーベリーをこんがり。クリームチーズを乗せて召し上がったそうです。フレッシュなフルーツをそのままのせてさくっと焼くと、フルーツの色まで美味しそうに仕上がりますね。
平たくしたタルト生地にアーモンドクリームとクリームチーズ、生クリームを合わせたクリームをたっぷりのせて♩フルーツはぶどうを使っているんだそう。
お馴染みのレモンメレンゲパイも型を使わず仕上げています。レモンクリームを包んでメレンゲで飾ったらさっくり焼いて出来上がり♩
カスタードクリームをベースに、トッピングは、レモンとりんご&ベリーの二種類。ミニサイズがかわいく、たくさん焼くとちょっとした手土産にもなりそうですね♩
フレッシュなりんごとアーモンドクリームをたっぷり乗せて♩焼き目のあるりんごが美味しそうですね!手軽なのに迫力あるタルトが焼けちゃいます。
3層になったクリームと和栗が美味しそう!!マスカルポーネ×キャラメルソースをボトムに、栗の渋皮煮を使ったモンブランクリームを乗せて、生クリームと栗を飾って出来上がり!
アーモンドクリームとマスカルポーネ、そして果物は、レモンと少しの砂糖で一晩寝かせたいちごを組み合わせて作ったタルト。甘酸っぱさが想像できちゃいますね!ティータイムのご馳走です。

特集一覧

SPECIAL CONTENTS