入浴・睡眠後の水分補給も忘れずに

私たちは、野外での活動や運動をしたときだけでなく、日常生活においても知らずしらずのうちにたくさん汗をかいています。とくに入浴後や朝起きたときは、体の水分が不足している状態です。

お風呂上がりにはコップ1杯の水を飲む、就寝時にはそばに水分を置いておくなど、日頃から意識的に水分を摂るようにしましょう。(※1,5)

アルコールでは水分補給にならない

アルコールには利尿作用があり、水分補給には適していません。飲んだ量以上に水分が尿中に出てしまい、飲み過ぎると脱水症状を引き起こすおそれがあります。

お酒を飲むときは水と一緒に、適量を飲むことを心がけましょう。(※6)

暑くて眠気が…。熱中症のサインを見逃さないで!

暑いときに感じる眠気は、熱中症のサインかもしれません。熱中症の疑いがあるときは無理をせず、できるだけ快適に涼しく過ごせる環境を作り、水分と塩分を補給してください。眠気がある、意識が朦朧とするというときは、直ちに医療機関を受診しましょう。

熱中症の原因や対策を知って、健やかに過ごしてくださいね。
【参考文献】
(2022/07/28参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ