暑いときに眠いのは危険!? 知っておきたい熱中症予防のポイント

夏にありがちな、暑いときに眠くなる症状。実は熱中症が原因かもしれません。そこで今回は、暑いときにだるい・眠いと感じた場合の対処法や、熱中症が引き起こすほかの症状などをご紹介。暑い夏は、無理せずに涼しい場所で快適に過ごしましょう!

暑いときに眠い=熱中症のサイン?

体の中の熱を外に出すことができず、体内に熱がたまってしまう状況を「熱中症」といいます。水分を補給していても汗でミネラルが体の外に出てしまえば、熱中症で「しびれ」を感じることもありますので注意が必要です。

熱中症の症状とは?

初期の症状としては、めまいや頭痛があげられるそうです。吐き気をもよおす・倦怠感があるというのも初期症状ですね。では「眠気」とはどういう段階の症状なのでしょう?

眠気は、実は最後に出てくる熱中症の症状、意識障害に当たるそうなんです。熱中症の疑いがあって、眠気を訴えていたら、かなり重症ということになるそうですよ。眠気が進めば、こちらの問いかけにも反応しなくなりますので、尚更危険なんだそうです。

熱中症が眠気の原因だったときは……

熱中症で眠くなっていると判断できる場合、ただちに涼しい場所に移動して、水分補給することが大事です。もし眠気も進行して意識がおぼろげになっている場合は、救急車を呼んで、病院に搬送してもらうことが必要でしょう。

日常生活における熱中症予防のポイント

最近は室内で熱中症が起こるケースも非常に多くなっていますので、室内での熱中症を予防するポイントもご紹介します。

熱気や湿気のこもりやすいところには注意!

家の中ですと、お風呂や洗面所は熱がこもりやすいので、もし長時間いるような場合には注意が必要です。また2階建ての家であれば、上のほうが温度が高く、昼間に気温が上昇したときは熱がこもっている確率が高いため、注意しましょう。

睡眠不足・寝汗も関係します

暑さで眠れないと体力は消耗しますし、寝ているときも人は汗をかきますので、一晩でコップ1杯分の水分が体の中から出ていくことになります。ですので、就寝時にはそばにペットボトルなどを置いて、すぐ水分補給できるようにしておくといいでしょう。

お茶やビールでは水分補給できません

お茶やお酒類には「利尿作用」があるので、体内の水分を外に出してしまい、水分補給にはふさわしくないそうです。また汗には塩分も含まれているので、水だけ補給してもダメなんだとか。0.1%~0.2%程度の濃度の食塩水やイオン飲料(スポーツドリンク)、経口補水液を摂るようにしてくださいね。

暑いときは快適に涼しく過ごそう

そのほか、エアコン・扇風機を上手に使う、部屋の温度・湿度を測定して環境に留意する、部屋の風通しをよくする、などが注意するべきことだそうです。

暑いときは無理せず、できるだけ快適に涼しく過ごせるようにしたいものですね。まだ夏は始まったばかりです。夏バテ・熱中症には気をつけて楽しい夏にしましょう。
▼タイミングが鍵!水分補給のコツはこちら

特集

SPECIAL CONTENTS