大人の汁物から取り分けする

離乳食を作る時に一番簡単な方法は「大人の汁物から取り分ける」ことだと私は思っています。例えば、お味噌汁を豆腐とにんじんと玉ねぎを作ったら?離乳食初期から食べられますよね!それにおかゆをプラスしたら、炭水化物、ビタミン、タンパク質の入ったバランスの良い献立になりますよ!

大人と一緒の簡単スープレシピ

では、お味噌汁取り分け離乳食レシピを紹介しますね!とっても簡単です。大人もお味噌汁にイロイロなお野菜を入れて楽しんでみましょう!

豆腐とさつまいものお味噌汁

*裏ごしすれば離乳食初期から食べられます 【材料】 豆腐 さつまいも 玉ねぎ 【作り方】 1.材料を切ります。 2.かつお昆布だしに、さつまいも⇒玉ねぎ⇒豆腐の順に、軟らかくなるまで煮ます 3.いったん取り出して、赤ちゃんの月齢に合わせて切ります。 4.別の小鍋にだしと入れて、後期以降は、少量の味噌で風味づけ *大人は、赤ちゃんの離乳食を取り分けた後に味付け

かぼちゃと小松菜のお味噌汁

*裏ごしすれば離乳食初期から食べられます 【材料】 かぼちゃ 小松菜 玉ねぎ 【作り方】 1.材料を切ります。 2.かつお昆布だしに、かぼちゃ⇒小松菜・玉ねぎの順に、軟らかくなるまで煮ます 3.いったん取り出して、赤ちゃんの月齢に合わせて切ります。 4.別の小鍋にだしと入れて、後期以降は、少量の味噌で風味づけ *大人は、赤ちゃんの離乳食を取り分けた後に味付け

かぼちゃの豆乳ポタージュ

*離乳食初期から食べられます 【材料】 かぼちゃ 豆乳 【作り方】 1.かぼちゃの種とワタと皮をむき、煮やすい大きさに切ります。 2.かつお昆布だしでかぼちゃを軟らかくなるまで煮ます 3.ミキサーをかけます 4.だしと同量の豆乳と一緒に鍋にかけ弱火でコトコト沸騰させます 5.後期以降、少量の味噌で風味づけします *大人は、赤ちゃんの離乳食を取り分けた後に味付け
離乳食づくりに100点を目指さなくて大丈夫です。50点を目標に置けば、ママの気持ちもラクになります。リラックスして、離乳食の時間が楽しくなってほしいなと思います。

次回予告

次回は、「赤ちゃんが離乳食を食べる量が少ない」ときのお話しです。赤ちゃんが離乳食をあまり食べてくれなかったら、本当に心配ですよね。食べてくれない時の対処方法と、赤ちゃんが食べやすいレシピを紹介したいと思います。
中田馨。一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表理事。保育士で中田家庭保育所施設長。関西と関東中心に離乳食講座を開催、クックパッドベビーでも執筆中。“かおりの「和の離乳食レシピ」ブログ”で離乳食レシピを毎日投稿中。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ