風味UPでおいしさ長持ち!「オイルおにぎり」の人気レシピ15選

おにぎりは時間が経つと乾燥してパサついてしまいますよね。ですがオイルをちょっぴり垂らした「オイルおにぎり」は時間が経ってもしっとりして、ごま油やオリーブオイルなど、使う油にこだわれば風味もアップしてさらにおいしくなるんですよ!

2017年12月15日 更新

いいこと尽くめの「オイルおにぎり」

好みの具材を中に入れたり、ふりかけを混ぜ合わせたり……とアレンジ豊富な「おにぎり」。食べやすく持ち運びに便利なので、お弁当の定番ですよね。ですが時間が経つとお米が乾燥して、パサついて固くなってしまうことも多いのではないでしょうか?今回はそんな悩みを解決する「オイルおにぎり」のアレンジレシピをご紹介します。

オイルおにぎりとは?

オイルおにぎりとは、おにぎりを握るときにオイルをちょっぴり垂らして混ぜてから、三角形に握ってつくるおにぎりのこと。オイルがお米一粒ひと粒をコーティングしてくれるので、ご飯が冷めてパサつきにくいというメリットが。ですので作ってすぐに食べれないお弁当におすすめです。

入れる油は、量に気をつければベチャッとすることなく、冷めてもおいしいおにぎりが完成しますよ。

ごま油で作るオイルおにぎりレシピ7選

1. いぶりがっこのごま油おにぎり

秋田の名産、いぶりがっこ。たくわんを燻製にしたもので、独特の香りと歯ごたえがたまらないこちらを具材として使っています。みじん切りにしたいぶりがっこと、千切りにした大葉を一緒に混ぜ込んでいます。食感も楽しめるおにぎりですよ。

2. ツナ塩昆布のごま油おにぎり

軽くオイルを切ったツナと塩昆布を使ったレシピ。いりごまが入ることで、よりごまの香りを立たせることができます。海苔を巻いて食べやすく仕上げたひと品。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

yuyuknight

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう