握り方の差!? おにぎりとおむすびの違いを徹底解説!

今回は、おにぎりとおむすびの違いについて詳しく解説します。また、地域別おにぎりの握り方についてレシピを交えながらご紹介するので、従来の形や握り方に飽きてしまった方や地域ならではの味を楽しみたい方は、この機会にぜひ試してみてくださいね!

おにぎりとおむすびの違い、言える?

皆さんのご自宅では、ご飯を握って作った食べ物をなんと呼んでいますか?「おにぎり」でしょうか、「おむすび」でしょうか。コンビニで見かけるのは「おにぎり」が多いようにも思いますし、昔話に出てくるのは「おむすび」の印象が強い気もします。頭に浮かぶ食べ物は同じでも、ふたつの呼び方があると、何か違いがあるのではと気になりますよね。

そこで今回は、そんな「おにぎり」と「おむすび」の違いについてご紹介しますよ!是非参考にしてみてくださいね。

呼び方が違うのはなぜ?5つの諸説

広辞苑ではおにぎりとおむすびは同じものと説明されていますが、呼び方の違いは諸説あるようです。この機会にぜひ、今までのモヤモヤを解決しましょう!

1. 地域による違い

関西ではおにぎり、関東ではおむすびと呼ぶ説がありますが、今ではどちらの呼び方も通じるので、地域によって呼び方に違いがあるとは言い切れません。

ただ、呼び名の違いはあいまいですが、おにぎりの形ははっきりと違いがあるようで、町人文化で栄えた関西では、観劇のときに食べる幕の内弁当に入れやすい俵型が主流だったことから、いまでもおにぎりは俵型を食べている人が多いとか。

それに対し関東では、握りやすい三角が主流。なお、東北では焼きやすい太鼓型、中部では球形の爆弾おにぎりの文化があります。お米をにぎるだけのシンプルな料理でも、地域によってこれだけ色々な特徴があるのですね。

2. 身分による呼び方の違い

農民などがおにぎりと呼んでいたものを平安貴族の女性が丁寧な言葉にするために、おむすびと呼ぶようになったという説があります。

身分の違いによって呼び方が異なっていたものが、丁寧な言い方と、一般的な言い方で別れた可能性があるんですね。

3. 形による違い

おむすびは神様と深い関係のある食べ物とされており、『古事記』では神様の宿る山の形を模した三角のものを「産霊(むすび)」、丸を「握飯(にぎりいい)」として区別しています。それに対し、「おにぎり」は特に決まった形は定められていないという説もあります。

4. 握り方の違い

手で握ったものは「おにぎり」と呼ぶ説は、「握り飯」と呼んでいたものが、おにぎりに発展したと考えられています。おむすびの方は、笹の葉などでくるんで紐で結んだものを「おむすび」と呼んだとされています。

5. おにぎりは「鬼切り」おむすびは「お結び」

おにぎりは「鬼切り」からきているという説があります。鬼退治に握り飯を投げつけたという民話もあり、鬼を切るという言葉から、おにぎりという言葉ができ、おにぎりは魔よけ、厄除けの効果があるとされていたよう。また、おむすびは「切る」に対して「お結び」、つまりは良縁を結ぶという縁起を担いだものとされていた説があります。

地域別!おにぎりの握り方4選

先ほど、おにぎりは東北地方の太鼓型や中部地方の爆弾型など地域によってさまざまな形のものが存在するとご紹介しました。そこでお次はおにぎりの中でも、特に見かけることの多い4つの形についてまとめました。ぜひ自分になじみのない地域で食べられているおにぎりも、アレンジレシピとして取り入れて作ってみてくださいね。
▼必見!おにぎりのおいしい握り方

1. 関東が中心!三角型おにぎり

全国的に一番の主流な形と言える三角おにぎり。コンビニなどのお店で売られているものも三角が一番多いですよね。そんな三角おにぎりのアレンジレシピをご紹介。冷凍しておけばレンジで温めるだけですぐ食べられるので、多めに作っておくのもおすすめです。

温かいごはんに和風顆粒だし、白ごま、青のり、とろけるチーズ、片栗粉を入れて混ぜて握ります。表面に醤油を塗って、グリルかオーブントースターで焼き色がつくまで焼けば完成です。片栗粉を加えることで、もちもちした食感を楽しむことができますよ。

特集

SPECIAL CONTENTS