ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

韓国で「チゲ鍋」と頼んだら笑われる!?

日本で根強い人気の韓国文化。サムゲタンやサムギョプサルなど、韓国グルメは絶えず人気ですよね。東京では、新大久保を中心に韓国料理を楽しめるお店も多く、今ではすっかり身近になりました。 そんな韓国料理の代表とも言えるのが、キムチや野菜いっぱいのを効かせたピリ辛な鍋料理。体の芯から温まる韓国鍋は、女性を中心に好きな人も多いですよね。 最近では気軽に海外へも行けることから、本場まで韓国鍋を食べに行く方もいるのではないでしょうか。でも、もし韓国へ行って「チゲ鍋ください」と言っていたなら、笑われているかもしれませんよ。

「チゲ」の意味は鍋だった!

みなさんの中には、韓国料理といえば「チゲ鍋」を食べるという方も多いと思いますが、韓国語で「チゲ」というのは、鍋そのものを指します。つまりは、「チゲ鍋ください!」と注文した場合は、「なべなべください!」という意味になります。 日本の韓国料理店であれば、「チゲ鍋ください!」と注文しても笑われることはあまりありませんが、韓国では、「なに?」と思われてしまうかもしれませんので、注意してくださいね。では、本場韓国でチゲ鍋を注文する際は、どのようにオーダーすればよいのでしょうか。

韓国でチゲといえば

本場韓国では、チゲそのものが鍋料理を意味します。鍋に入れる具材はお肉をはじめ、魚介類やお豆腐、お野菜など好きなものを好きなように入れるのは、日本と同じですね。 香辛料をたっぷりと使い、ピリリと辛味の効いたスープで食べるのが定番のスタイル。 具材や味付けに、細かいルールがあるわけではなく、具材やスープなどをお好みで変えながら、さまざまなチゲ料理を食べることができます。日本で言うところのキムチ鍋は、韓国では「キムチチゲ」となります。

韓国で人気!いろいろチゲ

冬の定番メニューともいえる鍋料理ですが、韓国の鍋料理はどのような特徴を持っているのでしょうか。同じアジアの鍋料理とはいえ、日本の鍋料理とは具材や味付けが大きく違います。それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

スンドゥブチゲ

スンドゥブチゲはスンドゥブスープと言われることもあります。こちらは、お豆腐をメインとした鍋料理です。お豆腐の他には豚肉と生卵を入れ、スープをグツグツと沸騰させることによって具材がちょうどよく混ざりあいます。 味付けは、たっぷりの唐辛子や豆板醤などを加え、辛味の強い特徴を持っています。家庭によっては、魚介類などを加えることもあります。アミと呼ばれている小さなエビでとっただし汁を味つけに加えて、風味豊かに仕上げるのもスンドゥブチゲの特徴です。 スンドゥブチゲを作り、ある程度の具材を食べた後インスタントラーメンの麺を加えてコトコト煮込み、お腹を満たすといった食べ方も本場韓国では若者などに人気を集めています。

トゥブチゲ

トゥブはスンドゥブチゲの略称として呼ばれることもあります。韓国語でトゥブというのは豆腐を意味していますので、トゥブチゲに関しても豆腐をメインにした鍋料理であることが分かりますよね。 トゥブチゲは、スンドゥブチゲに比べると比較的シンプルな具材と味付けが一般的なよう。豆腐の他には、ニラ、ひき肉などを入れ、お味噌やコチュジャンが効いたスープで味付けをします。
Photos:10枚
チゲ鍋の本当の意味
スンドゥブチゲ
トゥブチゲとは
プデチゲとは
チョングッチャンチゲとは
トンテチゲとは
土鍋で煮えているキムチチゲ
土鍋で煮えている海鮮キムチチゲ
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS