ソルベとシャーベットの違いって?ジェラートとの使い分けも気になる!

夏においしいシャリシャリの「ソルベ」。かき氷やシャーベット、アイスクリームなど、暑い季節には多くの冷たいスイーツが人気です。どれも冷たく甘いスイーツですが、みんさんはそれぞれの違いを説明できますか?ソルベとシャーベットの違いは何でしょう?

ソルべとシャーベットは違うもの?

大人も子どもも大好きな冷たいスイーツ。夏の暑い時期にはそれらの出番も多くなってくるのではないでしょうか。ひと口に「冷たいスイーツ」と言っても、いろいろな種類がありますよね。

ソルべの他、シャーベット、アイスクリーム、ジェラートにかき氷、グラニテなんていうおしゃれな名前のひんやりスイーツもあります。どれも冷たくて甘いスイーツ。ものによっては見た目はほとんど変わりがないものもあります。みなさんは、これらの違いを全部説明できますか?

たくさんある夏に冷たい人気のデザート、それぞれの違いをご紹介します。簡単に作れるレシピもあるので、よかったら作ってみてくださいね。

ソルべとシャーベットの違い

ソルべとは?

ソルベはフランス語で、語源はアラビア語の「シャルバート」からきています。「果汁や、リキュール・シャンパンなどのお酒を加えて作った氷菓」を意味します。 果汁やシロップを凍らせたもの、そこにアルコールなどが加えられているものもあります。

ちなみに、フランスではコースの途中にお口直しとして提供されることも。冷たくさっぱりした口当たりが、一度口の中をリセットしてくれます。

シャーベットとは?

ソルベがフランス語であるのに対し、シャーベットは英語です。ソルベがアメリカへと渡り、シャーベットになりました。 シャーベットは、果汁やシロップだけでなく、牛乳や卵白、砂糖、ゼラチンなどを使用して作られています。シャーベットは、シャリシャリとしてあっさりとした風味の印象がありますが、脂肪分を原料に加えているものなのですね。

ソルべとシャーベットは見た目も味わいも似ているように感じますが、原材料に差があったんですね!

ジェラートとの違いは?

ジェラートとソルベはどのように異なるのでしょう?ご存じの方も多いかと思いますが、ジェラートはイタリア語で、凍ったという意味の氷菓です。 

ジェラートはフィレンツェが発祥で、原材料に果汁、果肉、牛乳、砂糖、それにコーヒーやミント、レモンなど、フレーバーとなる素材が使われます。フレーバーになる素材には、色々なものがあり、見た目もカラフルです。

ソルべと違ってジェラートは濃厚さが特徴ですが、アイスクリームよりは乳脂肪分が低めです。カロリーが低めなわりにいろいろな素材の影響で味にコクがあるものも多く、女性に人気のデザートです。

ジェラートは、本場イタリア人には欠かせない夏のお菓子です。シチリア地方ではブリオッシュに挟んで食べたりすることもあるそうです。温かいふわふわのパンと冷たいジェラート。考えただけでおいしそうですね。

フラッペとの違いは?

フラッペはフランス語です。氷を細かく砕いて洋酒やシロップをかけたもの、また、それにアイスクリームや果物などを添えたものなのです。日本でいう、「かき氷」ですね。

フラッペには「氷でよく冷やした」という意味があり、カクテルグラスに細かい氷を入れ、上からリキュールなどのお酒を注ぐ、カクテルスタイルの一種としても知られています。器や盛り方にこだわっているものが多いのも特徴です。

グラニテも別物?

「グラニテ」もフランス語です。ざらざらしたという意味で、こちらもかき氷に近いものです。材料には、リキュールなどのアルコール類や果物、野菜なども使われます。

ソルべやシャーベットと比べると、氷の粒が粗くてシャリシャリした食感が特徴。さっぱりとした味わいはすっきりと爽やかな気分にさせてくれます。

ソルべ同様、フランス料理では、コースのお魚料理とお肉料理の間にお口直しとして登場します。お口直しに使う際は、レモンやグレープフルーツなど甘さ控えめのものが多いようですよ。

おすすめのひんやりスイーツレシピ

それでは、自宅でも簡単に作れるおすすめひんやりスイーツレシピをご紹介します。どれもお手軽に作れるものばかりですので、ぜひ試してみてくださいね!

1 梅酒のソルべ

梅酒を使った、ちょっと大人のひんやりスイーツです。お好みの梅酒、はちみつ、水を混ぜて冷凍庫で凍らせれば、でき上がり。仕上げにミントの葉を飾れば見た目も美しくなりますよ。さっぱりした味わいをお楽しみください。

2 マンゴーシャーベット

特集一覧

SPECIAL CONTENTS