制覇してみたい!「日本三大そば」の由来&魅力とは?

日本三大そばをご存じですか?日本全国に名産と呼ばれる日本そばがありますが、その中でもこれぞ日本そばと言われる三大そば。みなさんはこれら三つのそばを食べたことがありますか?どの県のどのそばが三大そばと言われているのか、さっそくご紹介します!

2019年2月20日 更新

日本三大そば、言える?

日本には「三大○○」とつくものがたくさんありますが、日本そばもそのひとつ、数多くある全国の日本そばの中でも、三大そばと呼ばれる3つのそばがあります。みんさんは三大そばをたべたことがありますか?

そばの歴史は実に古く、地域それぞれ食べ方や内容にも差があります。そば麺の色や太さ、味など、食べる際のおつゆは、関西と関東で違いがあるのは有名ですよね。今回は、日本三大そばとは、どの県のどんなそばなのか、それぞれの特徴についてご紹介。

日本三大そばとは

日本三大そばは、長野県の戸隠(とがくし)そば、島根県の出雲(いずも)そば、岩手県のわんこそばの3つです。普段おそばをそれほど食べないという方も、いずれかのそばの名前は聞いたことがあるのではないでしょうか。

同じ日本のそばでも、それぞれに特徴があり食べ方は三つとも違います。

戸隠そばの食べ方

長野県の戸隠そばは、水をほとんど切らずに盛り付けたものを食べます。また、山に囲まれた長野で生まれた戸隠そばには、海苔をかけないことや薬味に辛味のつよい大根を添えるのも特徴です。

出雲そばの食べ方

通常のそばは、めんつゆにそばをつけて食べるのが一般的ですよね。しかし、出雲そばは、つゆ自体をそばにかけて食べます。
1 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう