制覇してみたい!「日本三大そば」の由来&魅力とは?

日本三大そばをご存じですか?日本全国に名産と呼ばれる日本そばがありますが、その中でもこれぞ日本そばと言われる三大そば。みなさんはこれら三つのそばを食べたことがありますか?どの県のどのそばが三大そばと言われているのか、さっそくご紹介します!

2019年2月20日 更新

通販でも購入可能!おすすめ出雲そば

三大そばのひとつ出雲そばは、インターネットから購入も可能。東日本の方は、ご自宅まで配達してくれるネットショッピングの利用が便利ですよ。興味がある方はぜひためしてみては。

【岩手】わんこそばの特徴

岩手県発祥のわんこそばは、そばつゆにくぐらせたひと口で収まるくらいのそばをお椀の中にいれて、食べ終わると次のそばを入れ続け、お客さんがもう食べれないとなるまで入れ続けます。つまり、お客さんがフタをするのを忘れていたら、次から次へとわんこそばが尽きることなくそそがれるのです。
小さな器へ次から次へと注がれるわんこそば。現在では日本はもちろん、海外の方にもファンが多いおそばですよねわんこそばの味は、たくさん食べられるようにとクセがなく、さっぱりとした味付け。薬味などの使い方によって自由に味を変えることもできます。

わんこそばには、岩手の盛岡紀元説と花巻紀元説があり、現在もはっきりしたところはわかっていないようです。

本当はゆっくり食べる

急いで食べるイメージのあるわんこそばですが、実は観光の柱にしようと始めたのがきっかけです。本来のわんこそばは、ゆっくりと味わって食べるものです。本来はおもてなしの郷土料理ということです。

名物の掛け声

わんこそばは、盛岡市では誰もが知っている郷土料理ですが、市民でも実際食べ比べをするのは会社の忘年会か、何か大きな行事があったときだけなのだとか。いわばお祭り的な存在ですね。そしてそのお祭りを盛り上げるのが、給仕さんの掛け声。

わんこそばがスタートすると、「はい、どんどん」「はい、じゃんじゃん」などの、独特のテンポで食べる人の食欲をあおります。

通販でも購入可能!おすすめわんこそば

わんこそばもネットショッピングで購入できます。本場の掛け声や給仕をしてくれる女将さんなどはいませんが、ご自宅でご家族と真似っこをして食べるのもたのしそうですよね。

日本三大そばを食べに行こう!

【戸隠そば】そば茶屋極楽

戸隠観光の中心地である中社から少し離れ、奥社参道(越水ヶ原)に位置しているのがそば茶屋極楽です。江戸時代から参拝者へ出されていた手打ちそばです。料理の最後のご飯代わりにそばを食すのが戸隠の風習だったということで、その伝統が現在に生きている老舗のお店です。ざる盛りのそばに直接七味をかけてもおいしいですよ。
3 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう