定義はこれか!「イチゴは野菜か果物か」に決着!?

イチゴって果物のイメージがありますが、実際には野菜と果物のどちらかなのか、ご存じですか?今回は、イチゴは野菜なのか果物なのか、詳しく調べてみました!おすすめの保存方法やレシピなども併せてご紹介します!

2018年1月9日 更新

イチゴって野菜?果物?

甘酸っぱくておいしい春の味覚であるイチゴ。見た目もかわいくてみんな大好きですよね。そんなイチゴは果物なのか、野菜なのか、気にしたことはありますか?

樹になるりんごやオレンジは果物で、そうでないメロンやスイカは野菜に分類されることが多いかと思います。では、イチゴはどちらに分類されるのでしょうか?

今回はイチゴの分類とおすすめレシピ、保存方法を合わせてご紹介します。

イチゴは野菜であり、果物!

イチゴは野菜であり果物

農林水産省によるとイチゴは野菜に分類されるそうです。しかし、果実的な利用をすることから果物的野菜として扱われるとの記載もあります。野菜であり、果物でもあるということですね。

ですが、農林水産省が生産や出荷の統計をとる上では、イチゴは果樹として分類されるそうです。この「果樹」とは樹になる木本性などの永年作物のことを指すので、樹にならないイチゴは本来含まれません。それにもかかわらず統計をとる上では果樹なので、イチゴの分類がややこしいことはよくわかります。

メロンやスイカも同じ

イチゴの他に野菜に分類はされるけれど、果実的野菜として扱われるものにメロンやスイカがあります。共通点はやはり樹にならずに地面に張って育つところです。樹ではなく、草にできる実ということが野菜に分類されるポイントのようですね。

果物と野菜の違い

では、果物と野菜の違いは何なのでしょうか?明確な定義はあるのでしょうか?

農林水産省によると、定義はあるもののどれも確固たるものではないそうです。
一般的には次の4つの特性があるものが野菜とされています。

1.田畑に栽培されること
2.米やパンのような主食ではなく、副食物であること
3.形がわからなくなるような加工を前提としないこと
4.木ではなく、草であること

これらをすべて満たすものは野菜です。そうすると、やはりイチゴは野菜ですよね。結果として、生産者は野菜として育て、販売者は果物として売り、購入者も果物として買い、農林水産省は果樹として統計を取るという状況になっているようです。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう