おでんのアレンジレシピ10選

1. 汁までおいしく活用「おでん炊き込みご飯」

おでんの残った汁だけでなく、具材も細かく刻んで炊き込みご飯にしたレシピです。こんにゃくや厚揚げなど、お好みの具材を選んで作りましょう。 味付けにはしょうゆやみりんを使用しますが、おでんの残り汁の濃さに合わせて調整してくださいね。

2. おでんで作ったとは思えない!「おでんの茶碗蒸し」

茶碗蒸しの出汁を取るのは大変だと思いがちですが、おでんの残り汁を使えば簡単。いろいろな具材の味が凝縮された残り汁が、茶碗蒸しにちょうどよく使えます。 残っている具材があるのなら、ひと口大に切ってそのまま使いましょう。お子さまもおいしくいただけるはずですよ。

3. 本格的な味わい「おでんカレーうどん」

残ったおでんをカレーうどんの出汁にするのもおすすめです。いつものカレーうどんに比べ、奥行きのあるしっかりした味付けになるでしょう。 カレー粉やスパイスは、お好みで使用すればOK。おでんのゆで卵もそのまま使えますよ。

4. みそとチーズで簡単に「おでんのみそチーズグラタン」

味噌とチーズで濃厚に仕上げたグラタンレシピです。おでんの具材をそのまま活用しますが、お好みでエビや貝類などを追加してもおいしそう。 子供はマヨネーズ、大人はネギや海苔などをトッピングしても、おいしくいただけるでしょう。

5. 酸味を効かせてあっさりと「おでんトマトカレー」

おでんの残りとカレーは意外な組み合わせですが、相性がよくおすすめのアレンジレシピです。トマトは水煮缶を利用して、お手軽に作りましょう。 パンやバケットをひたしていただくのもよいですし、おでんの出汁がベースなのでご飯のお供にもまります。

6. パクチー好きはぜひ「おでんのエスニック風フォー鍋」

おでんの残りをあっさりアレンジするのなら、エスニック風味のフォー鍋はいかがでしょうか。パクチーや香菜の風味で、ひと味違ったおでんの楽しみ方ができますよ。 具材の味が詰まったおでんの出汁を使えば、味付けをしなくてもおいしくいただけます。パクチーの量はお好みでどうぞ。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS