ライター : taki

料理家

調理師/食育インストラクター3級/薬膳アドバイザー。調理師専門学校を卒業し、和食/イタリアン/ベーカリー/ケータリングなど様々な店で修行後、おべんとう屋"takiben"を主宰(店舗販売は…もっとみる

ピクルスはいろんな料理にアレンジ自在♪

暑い日や食欲のない日にも食べやすいピクルス。最近では、市販のピクルスも成城石井やコストコなどをはじめ、いろいろな場所で見かけるようになりました。

手作りのピクルスはもちろん、市販のピクルスでも作ったり買ったりしたあと、好みの味ではなかったということも少なからずあるはず。そんなときは迷わずアレンジをしてみてください。おいしくないな……と感じたピクルスもアレンジすることで新しいおいしさが楽しめますよ。

この記事では、ピクルスを使ったアレンジレシピから、ピクルス液のアレンジ方法まで盛りだくさんでご紹介します。

おかずやおつまみに!ピクルスのアレンジレシピ7選

1. チキンと一緒に。ピクルスタルタルソース

刻みピクルスを使って、酸味のバランスがちょうどよいタルタルソースを作りましょう。ピクルス、玉ねぎ、パセリを刻んで、ゆで卵と合わせるだけで立派なタルタルソースに。カリカリに揚げるチキンと合わせれば、簡単にチキン南蛮が作れますよ。自家製タルタルソースはチキン南蛮意外にも使えるので、覚えておいて損はなしです!

2. 酸っぱ辛いスープ!ピクルス酸辣湯

ピクルスを大胆に中華スープの「酸辣湯」にアレンジ。酸味と辛味のある酸辣湯は、スープに酢を加えますが、ピクルスを使えば簡単。ごま油と鶏ガラスープの素などを加えれば、あっという間に中華風に仕上がります。ピクルスを使えば、野菜の下ごしらえも味付けもできるので一石二鳥。余ったピクルスがあれば、ぜひ試してみてくださいね。トマトや大根のピクルスがおすすめです。

3. アクセントに!ピクルス入りポテトサラダ

ポテトサラダに、みじん切りのにんじんピクルスを加えたひと品です。濃厚でまろやかなポテトサラダには酸味のあるピクルスがマッチ!シャキッとした食感もアクセントになりますよ。

こちらのレシピではにんじんのピクルスを使用していますが、パプリカやきゅうりのピクルスを使うのもおすすめです。

4. メインのおかずに。ピクルス酢豚

野菜のピクルスと、ピクルス液を両方使う酢豚。作りすぎたピクルスを消費するにはもってこいのレシピです。野菜を切る手間や味付けの工程を省けるので、時短にもなるひと品。豚の旨味と甘酸っぱさでご飯が進むメインのおかずです。

そのまま酢を入れるより甘くてまろやかに仕上がりますよ。一度は試してみたいピクルスアレンジのひとつです。

5. カラフル♪ オレンジと紫玉ねぎピクルスのサラダ

紫玉ねぎのピクルスをオレンジと合わせておしゃれなひと皿に。玉ねぎのピクルスは少々クセがあるのでそのままでは食べにくいと感じる方も多いはず。そんなときは、サラダにのせたり、マリネにしたりアレンジするのが吉。

サラダ菜やオレンジと合わせて、カラフルでさっぱりと食べられるサラダに仕上げましょう。オリーブオイルと塩、こしょうを使うシンプルなドレッシングも要チェック!
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ