ライター : ヤマモトマコ

製菓衛生士・現役パティシエール

パティシエールとして菓子作りや商品開発に従事しています。数年前に一念発起し進学した大学院で、自分の考えや知識をシェアする大切さを実感。その後ライター業を開始しました。現役パ…もっとみる

スコーンは冷凍保存がおすすめ!

Photo by ヤマモトマコ

朝食やティータイムにぴったりのスコーン。ついつい多く作りすぎたり、たくさん袋に入ったものを買ったりしてしまいますよね。

そんなときは冷凍保存がおすすめです。冷凍すれば日持ちしますし、なによりもおいしさが長持ちするんです。この記事では、スコーンの上手な冷凍保存の方法や、冷凍したスコーンを温めるときのコツをご紹介します。

常温の保存方法と期間

常温の場合、保存期間は2~3日程度です。ただし、これはあくまで目安。高温多湿の時期や水分が多い具材が入ったスコーンの場合は、常温は避けたほうが賢明です。スコーンは乾燥しないように密閉できる容器に入れて保存しましょう。

手作りスコーンの場合は、しっかり冷ましてから容器に入れることも大切です。温かいままだとスコーンの湯気が容器内にたまり、カビが発生する原因になってしまいます。

冷蔵の保存方法と期間

冷蔵の場合、保存期間は2日~1週間程度です。冷蔵したからと安心せずに、こちらもなるべく早く食べきりましょう。

保存期間が長くなればなるほど、スコーンの水分は飛びやすくなります。また、スコーンは冷蔵庫の匂いを吸いやすいので、ひとつずつラップをして密閉容器や保存袋に入れましょう。

スコーンの冷凍保存方法と期間

1. ラップを切る

Photo by ヤマモトマコ

スコーンよりも少し大きいくらいのサイズにラップを切ります。

2. スコーンをラップで包む

Photo by ヤマモトマコ

スコーンをぴったりとラップで包みます。

3. 保存袋に入れる

Photo by ヤマモトマコ

ラップで包んだスコーンを保存袋に入れ冷凍します。スコーンは冷凍することで、常温や冷蔵保存よりも格段に日持ちします。保存期間は2週間程度。しっかり冷気を遮断すると、できたてのおいしさを長くキープできます。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ