ライター : 平あかり

腸活体質改善プランナー2級・食品衛生責任者・JEA認定アロマセラピスト

自身の体調不良をきっかけに体質改善に興味がわき、アロマや腸活の勉強をしました。保育園勤務を経て、現在はライター&料理代行&ベビーシッターのパラレルワーカーとして活動していま…もっとみる

下ごしらえが肝心!大根に早く火を通すコツ

大根は加熱に時間がかかるため、調理時間をなるべく短くしたいという方も多いのではないでしょうか。大根を早く火を通す方法は3つあります。

1つ目は、煮込み前に電子レンジで加熱する方法。煮込み料理の場合、先に電子レンジで3〜4分加熱しておくと、全体の調理時間が短くなります。

2つ目は、隠し包丁を入れる方法。おでんなど厚めの輪切りで調理する場合、切り込みを入れておくと中心部までの火の通りが早くなります。

3つ目は、フライパンで炒めてから煮込む方法。炒めてから煮込むと、味がしみやすくなりますよ。

時短レシピも!豚こまと大根の煮物レシピ5選

1. フライパンで時短!豚こま大根煮

フライパンでできる炒め煮です。大根を炒めてから煮るので、短時間で作っても味が染み込み、長時間煮込んだかのようなやわらかい仕上がりになります。忙しいときでも煮物を味わえると、ほっこりやさしい気持ちになれますよね。たくさん作って、作り置きにもおすすめです。

2. とろとろと酸味の合わせ技!豚こまと大根の梅昆布煮

梅の酸味と昆布の旨味が魅力の、やさしい味わいの煮物です。さっぱりしているので、食欲のないときでも食べられます。お子さんや高齢の方は喉につめないように、大根を小さめに切りましょう。

3. めんつゆで味が決まる!大根と豚こまのしょうが煮

めんつゆを使う煮物は、味付けに困らず簡単に作れますね。めんつゆにしょうがを加えるので、しょうがのピリッとした味が煮物の味を引きしめてくれます。冷めてもおいしく、作り置きやお弁当のおかずにもおすすめのひと品です。

4. 麻婆豆腐がボリュームアップ!豚こまと大根の塩麻婆

大根をレンジで下処理し、豚こま肉と合わせる時短メニューです。時短なのに味が濃く、大根にしっかり味がからみます。いつもの麻婆豆腐にボリュームがほしいときや、定番とは違う麻婆豆腐が食べたくなったときに作るといいでしょう。

5. 昆布がアクセント!大根と豚こまの炒め煮

昆布の使い道に困っている人におすすめのメニューです。だしをとったあとの昆布でもOK。昆布をいつもの大根と豚こま煮に加えるだけで深い味わいになり、箸がすすむでしょう。昆布を多めに入れてごはんにのせると、おかわり間違いなしのひと品に。

編集部のおすすめ