5. ピータンを切る

Photo by ゆきぽん

ピータンを包丁で粗く1cm角の粗みじん切りにして、たれに加え混ぜ合わせます。

6. 盛り付ける

Photo by ゆきぽん

絹豆腐を2~3cm角の食べやすい大きさに切り、器に盛り付けます。ピータン入り薬味だれを絹豆腐の上にかけて完成です。お好みで木の芽を散らして召し上がれ♪

コツ・ポイント

ピータンの上手な殻のむき方

殻にヒビが入らないように、外側のもみ殻と泥を流水できれいに洗い流してから、殻の一部にヒビをいれて殻をむきます。外側の泥は、炭酸ナトリウムの影響で口に入るとピリピリとした刺激を感じるので、入らないように注意して洗いましょう。

ピータンの独特の香りが苦手な方

ピータンの殻をむき、ラップをせずに冷蔵庫に30分~1時間置いてから調理します。時間を置くことで、強い香りが飛んで食べやすくなります。また、ピータンが大きめだと味を強く感じやすいので、小さめに刻んで和えると食べやすくなりますよ。

ピータン豆腐をおいしく作るコツ

豆腐をしっかりと水切りすることで、水っぽくならずにピータンの濃厚さを味わえます。豆腐の上に重石をのせて水切りしましょう。重石がない場合は、保存容器に水入れて重石として代用してくださいね。

ピータンが食べやすくなる食材

ピータンが食べやすくなるおすすめの食材は、香りのある薬味(大葉、ニラ、みょうがなど)や食感のある食材(クルミ、メンマなど)。すっきりとした味わいがすきな方は、みずみずしい食材(きゅうり、トマトなど)がおすすめです。お気に入りの組み合わせを見つけてみてくださいね。

仕上げに七味唐辛子や山椒などのスパイスをかけてもおいしいですよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ