緑が鮮やか!おいしすぎて食べる手が止まらない…

Photo by pomipomi

素材の味がグッと引き立ち、ブロッコリー本来の甘みが感じられます。色みも鮮やかで、食卓やお弁当の彩りにますます大活躍しそうです。「これ以上がないのでは?」と思うほど、完璧な仕上がり。「そんなに変わらないでしょ?」と思う人は、絶対に試すべきです!

ちなみに塩を振っても美味ですが、おすすめはやはりマヨネーズ。酸味と塩味が絶妙にマッチし、いくらでもブロッコリーが食べられますよ。

ブロッコリーの蒸し方と食べ方のQ&A

調理の前に知っておくと便利な情報を、安井ファームさんのツイートからピックアップしてみました。これらのポイントも踏まえた上で、挑戦してみてくださいね♪

ブロッコリーの太い茎はどうやって蒸す?

ブロッコリーの茎は縦半分にカットし、房と同様に2分30秒蒸せばいいそうですよ。皮がヌヴァッとはがせるのだとか……。

味付きにしたい場合は?

始めから味付きで作りたい場合は、水 50ml+オリーブオイル 大さじ2杯+白だし 大さじ2杯+にんにく(すりおろし)少々で、蒸せばOKとのこと。

あとひと品ほしいときに、重宝しそうですね♪

おすすめのディップは?

安井ファームさんイチオシのディップは、焼肉のたれ+マヨネーズ!両者を1:1で混ぜ合わせるだけだそうです。

ブロッコリーのおいしさを再発見できる!

Photo by pomipomi

安井ファームさんの方式で蒸したブロッコリーは、「今まで食べていたのは何だったのか?」と思うくらい、別物の仕上がりでした。

味の良さだけでなく、時短かつ簡単なので、やらないと損と言っても過言ではありません。いつもゆでたり、電子レンジで加熱したりしている人は、一度試してみてください。ブロッコリーのおいしさを、再発見することができるでしょう。

ちなみに、安井ファームさんのツイートにたびたび登場する「オッケーブロッコリー」というフレーズにも注目。「ナイスブロッコリー」や「センキューブロッコリー」という言葉も出てきて、それらを見つけるたびに楽しい気持ちになりますよ♪
※本記事は@yasuifarmさんのご協力のもと、株式会社トラストリッジが作成しています
おすすめの記事はこちら▼
※本記事は個人の感想に基づいたもので、感じ方には個人差があります
Photos:11枚
ブロッコリー1株と、水が入った計量カップと、塩が入った小皿が、木のテーブルの上に置かれている
木のテーブルの上に水を張ったボウルが置かれ、その中にブロッコリーの房を入れて、振り洗いをしている
木のまな板の上に、房と茎とで切り分けられたブロッコリーが置かれている
木のまな板の上で、ブロッコリーを包丁で小房に切り分けている
木のまな板の上に、小房に分けられたブロッコリーがたくさん並べられている
小房に分けられたブロッコリーが、フライパンの中にぎっしりと敷き詰められている
ブロッコリーが入ったフライパンにアルミの蓋がされ、火にかけられている
小房に分けられ、蒸し上げられたブロッコリーが、フライパンの中にぎっしりと敷き詰められている
小房に分けられ、蒸されたブロッコリーが、フライパンの中にぎっしりと敷き詰められており、木のテーブルの上に置かれている
マヨネーズがついたブロッコリーひと房が、箸で持ち上げられており、奥の木のテーブルには、白と黄色の布が広げられている
小房に分けられ、蒸されたブロッコリーが、フライパンの中にぎっしりと敷き詰められており、木のテーブルの上に置かれている
一覧でみる
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ