ライター : Uli

パンシェルジュ / フードコーディネーター

ハワイ大学留学後、旅行会社に就職。国内外の食文化に魅力を感じ、現在はレシピ系記事をメインにライターをしています。お手軽料理から、パン・スイーツまで、さまざまなレシピを発信中…もっとみる

ベーグルは冷凍保存が正解!

Photo by Uli

基本的なベーグルは油脂や牛乳、卵を使わずに作られます。焼き上げる前にお湯でゆでることで、表面はカリっと中はもっちり食感に仕上がるのが特徴。一般的なベーグルは作られてから2日目まで常温保存が可能です。2日以内に食べない場合は冷凍保存することで、2週間ほどおいしさをキープできますよ。

冷凍保存が向いている理由

ベーグルの魅力のひとつは、適度な水分量が作り出すもっちり食感です。ベーグル特有の食感に必要な水分量をキープするには、常温や冷蔵よりも冷凍保存が最適。長時間の常温保存や冷蔵保存では、生地の水分が蒸発してしまいます。

正しい方法で冷凍保存すれば、食感はもちろん、生地の劣化を抑えられ、焼きたてのようなおいしさを保てますよ。

冷凍に向いていない種類は?

ほとんどのベーグルは冷凍が可能ですが、入っている具材によっては冷凍に向いていないものがあります。生のフルーツや繊維質な野菜、クリームチーズなどは、冷凍することで食感が損なわれたり、解凍時に水分が出てきたりする可能性があります。

ベーグルの冷蔵保存について

一般的なベーグルの冷蔵保存は、生地の劣化がすすむためおすすめできません。ただし、クリームチーズや肉類など、傷みやすい具材が入っているベーグルは、あたたかい室内に置いておくより冷蔵保存のほうが適している場合もあります。パッケージの表示や、購入先で保存方法・賞味期限をチェックしておきましょう。

市販のベーグルは冷凍できる?

市販のベーグルも手作りのベーグルも、同じように冷凍保存が可能です。スーパーやコンビニのベーグルはもちろん、ベーグル専門店やパン屋さんのベーグルでも冷凍することができますよ。専門店やパン屋さんにこだわりの冷凍方法や解凍方法がある場合は、その方法に従ってください。

ベーグルを上手に冷凍保存する手順と保存期間

1. ベーグルをラップで包む

Photo by Uli

ベーグルをラップでぴったり包みます。ラップがゆるまないよう、かるくラップを引っ張りながら包むのがポイントです。

ベーグルサンドにする場合や、解凍時間を短くしたい場合は、横半分にベーグルを切り、半分ずつラップで包んで冷凍してください。丸ごと冷凍するよりも火が通りやすいと同時に水分も抜けやすいので、解凍時間や加熱時間は半分ほどに調整しましょう。

編集部のおすすめ