ライター : あんりちこ

日々の生活がちょっと嬉しくなるがんばらないお洒落ごはんを日々研究中。発酵食品や保存食で腸活を意識しています。

コスパ抜群!業務スーパー「徳用シーフードミックス」

Photo by あんりちこ

徳用シーフードミックスは、主にイカ、エビ、あさりの3種類が入っています。徳用というだけあって内容量は375gで、価格は430円(税込)。業務スーパーの商品のなかでも 使いやすいと人気の商品です。

Photo by あんりちこ

賞味期限は製造日から12ヵ月ほどです。開封後の保存方法は冷凍焼けや酸化を防ぐため、しっかり空気を抜いてから保存しましょう。開けたパッケージのまま保存するより、密閉保存袋に入れて保存するのがおすすめですよ。

シーフードミックスの特徴

コスパが良い

業務スーパーのシーフードミックスは、内容量は375gで価格は398円(税抜)。100gで106円換算です。一方、某大手スーパーで販売されているミックスシーフードは290gで398円(税抜)と、販売価格は同じですが、100gで137円換算になります。同じ量のミックスシーフードを買った場合、業務スーパーのほうが116円もお得でした!

具材はあさりが多め!

Photo by あんりちこ

具材別の容量は、「いか」が176g、「えび」が197g、「あさり」が180gでした。さほど重量では偏りはないですが、量的には「あさり」が一番多いようです。大きさで比較すると、一番大きめなのは「いか」でごろっとした存在感がありますね。「えび」「あさり」はどちらかというと小粒です。

具材はすべて外国産

Photo by あんりちこ

「えび」がインド産、「いか」と「あさり」が中国産と具材はすべて外国産になります。業務スーパー以外で販売されているミックスシーフードも、ほぼ外国産の具材を使っており、価格の面からみても国内産より外国産のミックスシーフードのほうが多く流通しているようですね。

よりおいしくなる!上手な解凍方法

シーフードミックスは解凍せずにそのまま調理すると、食感を損ねたり、水っぽくなってしまいます。手軽に使えるシーフードミックスをさらにおいしくするには、上手に解凍してから調理するのがポイントです。プリプリの食感を残して解凍するなら、海水と同じくくらいの塩水につける「塩水解凍」がおすすめです。

方法

Photo by あんりちこ

海水と同じくらいの塩分濃度の塩水を作ります。分量は、シーフードミックス150gに対して、水200ccに塩6gを溶かします。

Photo by あんりちこ

塩をしっかり溶かしてから、シーフードミックスを入れます。常温で夏場なら30分、冬場なら1時間そのままつけておきます。塩水につけておいても旨みは流れ出ません。

Photo by あんりちこ

指でつまみ、やわらかくなっていたら解凍できています。水を切り、余分な水分はペーパータオルで拭き取りましょう。

次は業務スーパーの「シーフードミックス」を使用したおすすめレシピを5選、ご紹介します。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ