ライター : hiroko

フリーライター

食や子育てのフリーライターとして活動しています。趣味は食べることと写真を撮ること。実食のレビューや商品紹介などタメになる記事をお届けしていきます。

業務スーパーの冷凍フルーツは大容量で種類も豊富

Photo by hiroko

業務スーパーにはおよそ10種類の冷凍フルーツが並んでいます。ほとんどの商品が皮をむかずに食べることができるお手軽な商品ばかり。そのまま食べるのはもちろん、アレンジにも使いやすいのが人気のポイントです。

この記事では、人気の冷凍フルーツからちょっと珍しいフルーツもご紹介しますよ。

1. さまざまな食感が楽しめる「マンゴー」

Photo by hiroko

すでにカットされている便利な冷凍マンゴー。チャンクとは、かたまり・肉厚という意味ですが、本当に肉厚なマンゴーがゴロゴロ入っています。500g入っていて376円(税込)というコスパのよさも人気の秘訣です。

解凍時間によってさまざまな食感が楽しめる

Photo by hiroko

入っているマンゴーのサイズは、大きいものもあれば小さいものもあります。冷凍状態ではシャリシャリとしたシャーベットのような食感に。解凍するとマンゴーのトロトロとしたなめらかな食感が楽しめます。

室温20度で30分ほど解凍してみると、少し水っぽくなる印象。ケーキやアイスのトッピングに使う場合は、解凍してからキッチンペーパーで水気を取るのがおすすめです。

Photo by hiroko

自然な甘みのマンゴーをスムージーにアレンジしてみました。マンゴー、無糖ヨーグルトとはちみつ、牛乳を入れてミキサーで混ぜるだけなので、忙しい朝やちょっとお腹が空いたときに気軽に作ることができます。

氷は入れずに冷凍状態のマンゴーを入れると、シャリシャリとした食感が楽しめますよ。また、マンゴーが肉厚なのでミキサーで混ぜる時間を短くすると、マンゴーの食感が残って1杯で満足のいくスムージーが作れます。

商品情報

・価格:376円(税込)
・内容量:500g
・保存方法:冷凍
・原産国:ベトナム

2. さっぱりと食べられる「ラズベリー」

Photo by hiroko

大容量の冷凍ラズベリーです。大きさや色の濃さの違いはあまりなく、1粒1粒くっつくことなく取り出せます。500gで376円(税込)とお得な商品です。

冷凍とは思えないつぶつぶとした新鮮な食感

Photo by hiroko

冷凍状態ではラズベリーの酸っぱさが際立ち、さっぱりと食べられます。

室温20度で10分ほど解凍してみると、ちょうど良いやわらかさに。解凍すると甘さが感じやすくなりました。解凍後はべちゃべちゃになるかと心配しましたが、実がしっかりしていて、つぶつぶ食感が残ります。

Photo by hiroko

ラズベリーがさっぱりと爽やかな風味なので、甘いスイーツと合わせるのがおすすめ。特に生クリームとの相性は抜群です。トッピングにのせるだけでグッと華やかな印象になりますよね。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ