ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

業務スーパーで人気の大容量パックスイーツ

Photo by muccinpurin

業務スーパーで人気の大容量スイーツシリーズに、新作「とろけるパンナコッタ」が仲間入りしました。

大勢でシェアできる大容量もさることながら、安くてクオリティの高い味わいが評価され、「業スーのスイーツといえばこれ!」と信頼の厚い同シリーズ。人気シリーズの最新作とあって、おのずと期待が高まるわけで……。

ちなみにパンナコッタって…?

温めた生クリームに砂糖や牛乳を加え、ゼラチンを溶かして作られるパンナコッタ。イタリア語で “パンナ(panna)” は生クリーム、 “コッタ(cotta)” は煮るを意味します。

空気を含んだ口どけのいいムースと違い、むっちりもっちりとした食感が特徴。バニラビーンズが豊かに香るリッチな味わいのスイーツです。

豊田乳業「とろけるパンナコッタ」

Photo by muccinpurin

「とろけるパンナコッタ」275円(税別)
業務スーパーには数々の人気スイーツが存在します。なかでも乳製品売り場にドドンと鎮座するパックスイーツは、大容量でお買い得な業務スーパーの代名詞的アイテム。王道の杏仁豆腐に始まり、マンゴープリンやカスタードプリン、水ようかんまで幅広いラインアップで、日本全国のおやつタイムを支える心強い存在です。

この度、新しく仲間入りした「とろけるパンナコッタ」は、ぷるんとしたなめらかな舌触りが特徴のスイーツ。イタリアンレストランやカフェのデザートとして人気のパンナコッタですが、コンビニやスーパーのスイーツコーナーでもなかなか出会うことのできないレアアイテムなんですよね。

なんと7〜8人分!大満足の1リットル入り

Photo by muccinpurin

業務スーパーのパックスイーツ最大の魅力は、その大きさ。牛乳パックと同じ1リットルサイズにたっぷり入っているから、大人数でシェアするのにもぴったりなんですよね。

1本に1kg入ってなんとたったの275円(税別)。ちょっといい牛乳よりも安いってどんなからくりだろう、とやや不安になって調べたところ、業務スーパーが国内に構える自社関連工場で製造からパッケージまで徹底管理して作っているとのこと。そうとわかれば安心して食べることができそうですね。

1kg入りなら、おめざにパンナコッタ、食後のデザートにパンナコッタ、3時のおやつにパンナコッタ……と、思う存分パンナコッタ祭りが開催も夢じゃないかも!?

想像以上にふるっふる!

Photo by muccinpurin

パックには「非常にやわらかく崩れやすいため、容器に移してお召し上がりください」とあります。しかしパック入りスイーツといえば、パックから出す工程も一大イベント。いざ、ちゅるんとパック出しにチャレンジです。

パックスイーツ恒例の「ちゅるん♪」

Photo by muccinpurin

パックの口を大きく広げたら、大きな皿を用意してパックを傾け、ゆっくりと取り出します。ミルキーな香りとともに、パックからパンナコッタがちゅるん♪

まるでスローモーションのように真っ白なパンナコッタが皿にすべり出してきます。ちゅるんとなめらかなビジュアルに、早くも興奮……!

Photo by muccinpurin

ででん!どうでしょう、皿いっぱいに広がるパンナコッタの海~。想像していたよりもずっとやわらかく、ゆるゆるのふるっふる。なめらかな口どけを目指してギリギリのゼラチンで固めているせいか、パックの形をそのままキープできず皿いっぱいに広がりました。

同シリーズの杏仁豆腐と比べると、パンナコッタのやわらかさが一目瞭然です!
Photos:10枚
パンナコッタが入ったパックを皿に向かって傾ける様子
とろけるパンナコッタのパッケージ
とろけるパンナコッタの原材料表示
牛乳パックの口を開けた様子
パンナコッタを皿に取り出す様子
皿にのったパンナコッタ
器に盛り付けて刻んだ苺を飾ったパンナコッタ
パンナコッタをスプーンですくう様子
パンナコッタとベリーソースをかけたフレンチトースト
パンナコッタを皿に取り出す様子
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ