うどんの塩分量を調節して、おいしく食べよう!

うどんをつゆまで全部飲むと、成人一日あたりの目標量の約半分以上にあたる塩分量を摂取することになります。塩分を抑えるには、作る際や食べる際に工夫をしましょう。

ゆでるときに麺の塩分は湯に溶けだすので、なるべくたっぷりの湯でゆでたり、つゆを飲み干さずに残したりといった工夫で、塩分摂取量を調節できますよ。塩分を意識してうどんを食べましょう。
【参考文献】
※14 八訂食品成分表2021|女子栄養大学出版部
(2022/03/11参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ