ライター : macaroniリサーチ

あなたの疑問を解明!macaroniリサーチのアカウントです。食の世界には様々な疑問や賛否両論な出来事があります。そんなどちらとも言えないまだ未解決な事柄を徹底リサーチ。料理研究家…もっとみる

1,224票から選ばれた!好きなパスタの味ランキング

Photo by macaroni

トマト系、あっさり系、クリーム系と、パスタの味はいろいろありますが、みなさんのお気に入りはどのタイプですか?

おうちで作るにしろ、お店で食べるにしろ、人により一番好きな味がきっとあるはず!ということで、macaroni 読者に投票型のアンケートを実施し、人気調査をしてみました。

この記事では、そのTOP15を発表しながら、それぞれがどんな料理なのかを解説します。おすすめレシピも紹介するので、ぜひお役立てくださいね。

調査概要

対象:macaroni 読者
調査期間:2022年2月10日〜2022年2月24日
調査方法:macaroni ランキングで募集
https://ranking.macaro-ni.jp/
回答数:1,224票

5位 ペペロンチーノ(95票)

Photo by macaroni

「ペペロンチーノ」は、にんにくと唐辛子で作るシンプルなパスタ。その名はイタリア語で「唐辛子」を表し、パスタとしての正式名称は「アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ」といいます。

一見簡単に作れそうですが、意外とむずかしい料理ですよね。おいしく仕上げるポイントは、オリーブオイルとパスタのゆで汁を乳化させること!詳しいコツは下記の記事で紹介しています。

4位 ポモドーロ/トマトソース(100票)

Photo by macaroni

「ポモドーロ」とは、トマトソースを絡めたパスタを指します。本場イタリアでは、トマトのほかににんにくやバジルなどを使うこともありますが、肉や魚介は入りません。仕上げにパルミジャーノ・レッジャーノをかけて食べるのが一般的です。

トマト缶でもできるため、家庭で気軽に挑戦しやすいのが魅力。また、ソースは冷凍保存可能なので、作り置きしておくとすぐに食べられて便利ですよ。

ちなみに「ポモ」はイタリア語で「りんご」、「ドーロ」は「黄金の」という意味。よって「ポモドーロ」は直訳すると、「黄金のりんご」を表します。

3位 ボロネーゼ(129票)

Photo by Ryogo

ボロネーゼは、イタリアを代表するパスタのひとつです。正式名称は「ラグー・アッラ・ボロニェーゼ」と言います。

粗挽きの牛肉と香味野菜を炒めて、トマトペーストや赤ワインで煮込んで作るのが主流。ですが、日本の家庭ではもっと手軽にできるレシピが好まれているようです。

macaroni ではホットプレートだけで作るユニークな方法も紹介しています。簡単に仕上げたい人はぜひお試しくださいね。

2位 カルボナーラ(130票)

Photo by macaroni

クリーム系パスタの王道といえばカルボナーラ。ベーコンの旨みと粗挽きこしょうのピリッと感が、なんともたまらない料理ですよね。日本では生クリームを入れるレシピが一般的ですが、本場イタリアでは入れません。また、スパゲッティではなく、ショートパスタ「リガトーニ」を使うのがポピュラーとされています。

カルボナーラのネーミングは、「炭焼き職人」を意味する「カルボーネ」というイタリア語に由来しているのだとか。諸説ありますが、カルボナーラにかけるブラックペッパーが、炭の灰のように見えることからその名がついたと言われています。リッチな味わいとは裏腹に、語源は意外と素朴なのがおもしろいですよね。

1位 たらこ/明太子(161票)

Photo by macaroni

2位と31票もの差をつけて、栄えある第1位に選ばれたのは、たらこ / 明太子パスタでした。家庭で調理しやすく、子どもからお年寄りまでみんなに好まれるパスタですよね。「家族のリクエストでよく作る」という人も多いのではないでしょうか?

たらこパスタは、1960年代、東京渋谷のスパゲッティ専門店「壁の穴」で発祥したと言われています。客の要望でパスタにキャビアをのせたことが、その後たらこで作るきっかけになったということです。

そんな「壁の穴」のシェフ直伝のレシピは下記のリンクからどうぞ。

6〜10位のランキング結果

ここからは6位から10位までの順位を続けて発表します!

6位 ジェノベーゼ(94票)

Photo by macaroni

バジル、松の実、にんにく、オリーブオイルなどで作る緑色のソース、日本ではそれを「ジェノベーゼ」と呼びますよね。ですが本場イタリアの「ジェノベーゼ」は、牛肉を赤ワインで煮込んだ茶色いソースなんです。日本で「ジェノベーゼ」とされている料理は、イタリアでは「ペスト・ジェノベーゼ」と呼ばれています。

お店でしか食べられないイメージの強いジェノベーゼパスタですが、ミキサーさえあれば想像以上に簡単。えびやいんげんなどをプラスして、食べごたえをアップさせるのもおすすめですよ。

7位 ナポリタン(90票)

Photo by macaroni

洋食屋の定番メニュー「ナポリタン」は、日本独自のパスタです。地域によっては「イタリアン」と呼ぶこともあります。

その発祥はいろいろと言われていますが、戦後アメリカ軍によって持ち込まれた、ケチャップ味のパスタがルーツという説が有力。それを横浜の「ホテルニューグランド」の料理長が、ホテル向けに改良したのが始まりと考えられています。

素朴な味でありながら「時々無性に食べたくなる」という人も多いのではないでしょうか?ちょっとしたコツで仕上がりに差が出るので、プロのレシピに挑戦してみてはいかがでしょうか。

8位 ミートソース(84票)

Photo by macaroni

学校の給食にも登場するくらい、日本でおなじみのミートソースパスタ。3位の「ボロネーゼ」とよく似ていますが、作り方や味付けが異なります。

ボロネーゼは、トマトやワインをベースに煮込みますが、ミートソースはケチャップで甘く味付けををするのが一般的です。

ちなみに3月10日が「ミートソースの日」に制定されているのをご存知ですか?「3」=「ミ」、「10」=「ト」と読めることから、一般社団法人 日本記念日協会により認定されました。この日の献立はミートソースパスタにしてはいかがでしょう?

9位 和風パスタ(78票)

Photo by macaroni

和の食材や調味料を使うパスタを総称した「和風パスタ」。しょうゆ、梅、海苔、めんつゆ……、入れる素材次第で味わいはさまざまです。みなさんのおうちでは、どのような和風パスタを作りますか?

macaroni のおすすめレシピは「しらすと梅の和風パスタ」。めんつゆでチャチャッと味付けをし、仕上げに大葉をトッピングするのがポイントです。さっぱりとしているので、食欲がない日にもぴったりですよ♪

10位 アラビアータ(70票)

Photo by macaroni

「アラビアータ」は、唐辛子入りのスパイシーなトマトソースを絡めて食べるパスタ。日本語に直訳すると「怒りんぼ風」という意味があり、その理由は、ソースの辛さで顔が怒ったように赤くなることに由来しています。

ロングパスタではなく、ショートパスタの「ペンネ」を合わせるのが主流。時間が経っても伸びにくいので、パーティーやおつまみにもぴったりです。

なるべく簡単に作りたい人は、フライパンひとつでできる以下のレシピをどうぞ♪

11〜15位のランキング結果

ここからは、11位から15位まで続けてご紹介します。

11位 ペスカトーレ(69票)

Photo by macaroni

「ペスカトーレ」とは、魚介類を使ったトマトソースパスタのこと。イタリア語で「漁師」という意味があり、もともとは漁師が売れ残りの魚介類を、トマトソースで煮込んで食べたのが始まりと言われています。日本で言う「アラ汁」のようなものだったということですよ。

家庭で作る場合、イカ、えび、帆立、あさりと、数種類の魚介を用意したり、下ごしらえをしたりするのはちょっぴり大変。短時間で仕上げるなら、シーフードミックスを使うのがおすすめです。

12位 ボンゴレ・ビアンコ(64票)

Photo by macaroni

「ボンゴレ」は「貝」、「ビアンコ」は「白」という意味。「ボンゴレ・ビアンコ」は、白ワインで蒸したあさりとその出汁で作るパスタです。あっさりとしつつも旨みがあり、あさりの風味がやみつきになる料理ですよね。「潮干狩りで採ったあさりで作ったことがある」という人も多いのではないでしょうか?

食べたときに「ジャリッ」とならないよう、あさりは事前にきちんと砂抜きをしておきましょう。菜の花やたけのこなど、旬の野菜を加えるのもおすすめですよ。

13位 アマトリチャーナ(37票)

Photo by macaroni

「アマトリチャーナ」は、トマト、パンチェッタ、玉ねぎ、チーズなどで作ったソースをパスタに絡めて食べる料理。イタリアの「アマトリーチェ」という町の名が、ネーミングの由来とされています。

名前からして家庭で作るのはむずかしいと思われがちですが、レシピはいたってシンプル。パンチェッタが手に入らなければベーコンでも代用できますよ。

14位 イカスミ(31票)

イカスミで作る真っ黒なパスタが「イカスミパスタ」です。イタリアの定番パスタですが、日本の家庭ではあまり作られていない様子。お店で食べる人が多いのではないでしょうか?

最近では市販のパスタソースも販売されているので、それを活用すればおうちで気軽に食べられます。見た目のインパクトがあり、家族にも喜ばれること間違いなし!食卓がワイワイと盛り上がりますよ♪

15位 ボンゴレ・ロッソ(25票)

Photo by migicco

「ロッソ」はイタリア語で「赤」という意味。12位の「ボンゴレ・ビアンコ」があさりを使った白いパスタ料理であるのに対し、こちらの「ボンゴレ・ロッソ」はあさりを使った赤いパスタ料理です。ソースにトマトを加えて作るのが特徴ですよ。

11位の「ペスカトーレ」ともよく似ていますが、「ペスカトーレ」は具材に魚介類全般を使用します。一方「ボンゴレ・ロッソ」はあさりを主とした二枚貝を使うのが一般的。それぞれの違いを把握して、お店でスマートに注文したいですね。

食べたことのないパスタに挑戦してみよう!

これまで数々の投票型アンケートを実施してきましたが、今回は特に多くの回答数が得られました。それだけみんなにとってパスタは身近な存在で、人気料理であることが伺えますよね。

「パスタ」とひとくくりにしても、その味は実に種類豊富。似た料理が多々あり、「改めてそれぞれの違いを知った」という人も多いのではないでしょうか?

ふだん同じパスタばかり選んでいる方は、これを機に食べたことのない味に挑戦してみてくださいね。「マイベスト」が塗り替えられるかもしれませんよ♪

パスタの味の人気ランキング結果一覧

  1. 1位 たらこ/明太子(161票)
  2. 2位 カルボナーラ(130票)
  3. 3位 ボロネーゼ(129票)
  4. 4位 ポモドーロ/トマトソース(100票)
  5. 5位 ペペロンチーノ(95票)
  6. 6位 ジェノベーゼ(94票)
  7. 7位 ナポリタン(90票)
  8. 8位 ミートソース(84票)
  9. 9位 和風パスタ(78票)
  10. 10位 アラビアータ(70票)
ほかのランキング結果はこちら▼
Photos:15枚
トマトソースパスタを、トングで白い皿に盛り付けている
白と水色のストライプ柄のランチョンマットの上に、黄色い丸皿に盛られたペペロンチーノが置かれている
白い丸皿に盛られたポモドーロが、木のテーブルの上に置かれている
白い器に入ったボロネーゼ
白い丸皿に盛られたカルボナーラが、緑色のランチョンマットの上に置かれている
白い丸皿にたらこパスタが盛り付けられており、上には細切りの海苔と千切りの大葉がトッピングされている
白い丸皿にエビといんげんが入ったジェノベーゼパスタが盛られ、フォークが添えられている
緑色の縁がついた白い丸皿にナポリタンが盛られ、その下には青と白のチェックの布が敷かれている
白い丸皿にミートソースパスタが盛られており、その下には白地にえんじのストライプ模様が入ったランチョンマットが敷かれている
梅、しらす、大葉が使われたパスタが白い丸皿に盛られており、木のテーブルに2皿並べられている
白い丸皿に盛られたアラビアータ2皿が木のテーブルに並べられており、その横にはお茶が入ったワイングラスが置かれている
白い丸皿に盛られたペスカトーレ2皿が、木のテーブルの上に並べられており、その横にはグラスワインが置かれている
八角形の薄水色の皿にボンゴレ・ビアンコが盛られており、その奥には白と水色のランチョンマットとワイングラスが置かれている
白い丸皿に盛られたアマトリチャーナが2皿並べられており、奥には白と青のギンガムチェックの布とワイングラスが置かれている
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ