5. そうめんをゆでる

Photo by 宮本信義

鍋に水を沸騰させ、そうめんを袋の表示時間通りにゆでます。水でしめてザルにあげておきましょう。

「今回はブンの代わりに『くずそうめん』を使います。ツルッとなめらかな食感がいいですよ」

6. つけ麺用スープを作る

Photo by 宮本信義

お椀に(c)を入れ、溶けるまで混ぜます。その後、4のにんじんと大根を加えれば、つけ麺用スープの完成です。

7. 野菜、肉、そうめんを皿に盛る

Photo by 宮本信義

大きめの皿に、野菜、肉、そうめんを盛り付けます。小皿に刻んだ赤唐辛子とにんにくを添えましょう。

「お好みでつけ麺用スープの上に、ピーナッツを散らすと本場感を演出できますよ」

辛みと甘みのあるスープで、麺と野菜がたっぷり食べられる!

Photo by 宮本信義

ピリ辛で甘めのスープと、少し香りのあるミントやパクチーがぴったり。麺はそうめんとは思えないほど、完璧なベトナム食材に仕上がっています。

甘辛の下味をつけた肉は、サッと焼いただけなのにチャーシューのような深みがあります。肉団子はふっくらプリッと食感、はんぺんも入っているので栄養満点です。野菜がいっぱいなので、肉は少なめでも十分満足できますよ。

「今回はそうめんで代用しましたが、ブンはアジアン系のスーパーやネットショップなどでも比較的簡単に手に入ります。ぜひ本場の食材も試してみてくださいね」とタカハシさん。

明日は「山椒ピリッと肉豆腐丼」をご紹介

Photo by 宮本信義

次回は「山椒ピリッと肉豆腐丼」。牛肉と豆腐をだしで煮た和食の味。山椒のさわやかな香りとシビれがたまらない、あと引くおいしさです。お楽しみに!

取材・文/島田みゆ
撮影/宮本信義

これまでの連載はこちら▼
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ