ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

日本ならではのスパイスで味わう!山椒ピリッと肉豆腐丼

Photo by 宮本信義

2月第一週の連載「真冬の旨辛アジア飯」では、寒い冬だからこそ食べたい、ピリ辛のアジア料理レシピを紹介します。第四回は、日本らしい「山椒ピリッと肉豆腐丼」です。

教えてくれたのは、フードコーディネーターのタカハシユキさん。

Photo by 宮本信義

フードコーディネーター・料理家/タカハシユキさん 自由な発想と新しい視点を盛り込みつつ、基本のツボをきっちり押さえた料理を考案するフードコーディネーター。国際中医薬膳師の資格も持つことから、心と体に寄り添う料理をモットーとしている。書籍、広告、フードスタイリング等で活動。著書に「飲むだけくすりスープ」(大和書房)、「汁ものが好きなので」(池田書店)。食楽Web「料理家タカハシユキの変態レシピ」連載中
前回の記事はこちら▼

Photo by 宮本信義

第四回の「山椒ピリッと肉豆腐丼」は、牛肉×豆腐を和風だしで煮込んで、山椒を効かせたオリジナルレシピ。

「日本特産のスパイスである山椒を使って、和食らしいピリ辛料理に仕上げました。あらかじめ和風だしをとっておけば、切った具材を煮るだけで完成する簡単レシピです。

山椒独特の香りと刺激がクセになりますよ。山椒はお好みですが、たっぷりかけるのがおすすめです」

材料(1人前)

・絹豆腐……約150〜200g(1/2丁)
・牛肉(薄切り)……80g
・油揚げ……1/2枚
・ワケギ……1本
a.しょうゆ……小さじ1/4杯
a.砂糖……小さじ1/2杯
a.酒……小さじ1杯
b.しょうゆ……大さじ2杯
b.砂糖……大さじ1杯
b.酒……大さじ1杯
・だし汁……200cc
・油……少々
・ごはん……1膳分
・山椒の粉……適量

作り方

1. 牛肉に下味をつける

牛肉に(a)を軽くもみこんで、置いておきます。

2. 油揚げ、豆腐、ワケギをカットする

Photo by 宮本信義

油揚げはキッチンペーパーで抑えて余分な油を取り、約1cm幅の細切り、絹豆腐は約2cmの角切りにします。

Photo by 宮本信義

ワケギは斜め切りし、硬い部分とやわらかい部分を分けておきましょう。

3. 牛肉、ワケギ(硬い部分)を炒める

Photo by 宮本信義

中火で熱した鍋に油を入れ、1の牛肉、2のワケギを炒めます。(b)を入れて絡めたら、いったん取り出しておきましょう。

「ここで肉に火を入れすぎると硬くなってしまうので、煮すぎないようにしてください。最後にもう一度火にかけるので、赤身が残る程度でOKです」

4. 油あげ、豆腐、だし汁、ワケギ(やわらかい部分)を加えて煮込む

Photo by 宮本信義

同じ鍋に、油揚げ、絹豆腐、だし汁、ワケギ(やわらかい部分)を入れて、5分程度煮込みます。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ