よりお餅のように仕上げるコツ

電子レンジで加熱した生地をラップで包む際、生地全体に手でぎゅっと圧力を加えます。そうすることでオートミールの粒同士が密着し、よりもちもちした食感が生まれますよ。

もっちもち食感で噛み応え抜群!

Photo by akiyon

できあがったオートミールの焼き餅は、多少粒が目立ちますが思ったよりなめらかな仕上がりに。指で押してみると、かなりの弾力がありますよ。

風味にいやなクセがなく、砂糖しょうゆとのりの風味も際立ちます!

のびないものの、もっちり感あり

Photo by akiyon

半分に割ってみると、本物のお餅と違ってすんなりと生地が分かれました。決してお餅のように伸びることはありませんが、とにかくもっちもち!噛み応えがとても強く、少量でもかなりの満足感を得られますね。

味は言われなければ、オートミールとは気づかないかも……? 雑穀米をよくついて作ったお餅という感じで、素朴な味わいです。味付けをせずそのまま食べると味気ないのですが、こうして何らかの味付けをすることによりとてもおいしくいただけましたよ♪ 欲を言えば、もっと生地が伸びるとよりお餅みたいに思えるのですが……。

さらに本物に近づける!少しだけ餅を入れるレシピ

Photo by akiyon

さらに本物のお餅のような食感に仕上げるために、材料に餅を少しだけ使うレシピにもチャレンジしてみました。ほぼ上記のレシピ通りですが、米粉(大さじ1杯)の代わりに切り餅半分(15gくらい)を使用します。

切り餅はできるだけ小さな角切りにしておくと、生地に馴染みやすいですよ。

ふんわり感がアップ!さらにもちもち食感に

Photo by akiyon

餅入りバージョンを手で割ってみると、本物のお餅のように伸びる部分も見られました。ふんわり感がアップし、明らかに食感がお餅に近づいているのがわかります。

生地自体の味わいも、少し甘味を感じておいしいですね。材料に餅を使ってしまいますが、お餅を丸ごといただくよりもヘルシーで罪悪感が少なめなところがおすすめポイントです♪

「オートミールのみ vs 餅入り」2種の味わいを比較

Photo by akiyon

「オートミールのみ(米粉入り)」と「餅入り」の2通りの焼き餅の味わいを比較してみました。断面を比べてみると、写真のように「餅入り」のほうがよりふっくらと仕上がっているのがわかりますよね。

「オートミールのみ(米粉入り)」は、ぎゅっとして少々固めの食感ながら、もちもちとした噛み応えが楽しいひと品に。そして「餅入り」はよりふんわりとしていて、特に餅の部分を噛むとまるで本物のお餅を食べているように思えました。

みなさんもお好みで試作してみてはいかがでしょうか。
Photos:13枚
小鉢に入れたオートミール、皿に盛ったオートミール餅
オートミール餅の材料6種
オートミール餅の材料を入れてラップをかけたボウル
加熱したオートミール餅の材料を混ぜ合わせているところ
ラップに包んだオートミール餅をすりこぎ棒でついているところ
四角く成形してまな板の上に置いたオートミール餅
オートミール餅をフライパンで焼いているところ
皿に盛ったオートミール餅2個
手に持ったオートミール餅
半分に割って手に持ったオートミール餅
皿に盛った餅入りのオートミール餅2個
半分に割った餅入りオートミール餅の断面
半分にカットして皿に並べた、米粉入りオートミール餅、餅入りオートミール餅
一覧でみる
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ