5. 餃子に焼き色をつける

Photo by 菅智香

ごま油を鍋肌にそって流し入れます。ごま油を全体に行きわたらせて焼き色がつくまで加熱し、皿に盛り付けて完成です。

コツ・ポイント

すき間をあけて餃子を並べる

フライパンに餃子を入れる際は、すき間をあけて、隣同士の餃子がくっつかないように並べて入れるようにしましょう。すき間がないほどにぎっしり並べると、餃子の皮が隣の餃子とくっつき、皮が破れ、形が崩れてしまうので気をつけてくださいね。

フライパンの向きを変える

フライパンの火のあたり方は均一ではありません。そのため、フライパンを動かさずに焼き目をつけようとすると焦げてしまう部分、焼き色がつかない部分と焼きむらができてしまいます。焼き加減をみながらフライパンの向きを変え、焼きむらができないようにしましょう。

焼き目はあとからつける

焼き目は最初はうっすらつく程度にし、水分をしっかり飛ばしたあとに焼き色をつけるようにしましょう。ごま油を最初ではなく、あとから加えることで、ごま油の香りが餃子につき、さらにカリっとした食感に焼き上げられますよ。

片栗粉で作った場合の仕上がりは?

Photo by 菅智香

小麦粉の代わりで片栗粉を使うとまた違った食感に。小麦粉を使うとサクサクとした羽になりますが、片栗粉を使うとパリッと厚めの羽に仕上がりますよ。

材料(1人分)

・餃子……6個
・水……150cc
・片栗粉……5g
・ごま油……大さじ1/2杯
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ