【缶詰レシピ】タレなしで旨い!さんま缶の羽根つき青しそ餃子

「さんま缶で作る青しそ餃子」のレシピと作り方を動画でご紹介します。さんまの蒲焼き缶を使用することでタレなしでも十分美味しいパリパリ餃子です。シャキシャキのキャベツと青じその香りが食欲をそそります。おつまみやお弁当にぴったりですよ♪

15 分

材料

(13〜15個分)
  • さんまの蒲焼き缶2缶(240g)
  • キャベツ2枚(100g)
  • 大葉5枚
  • 餃子の皮15〜20枚
  • 水溶き小麦粉80cc(水:80cc/小麦粉:大さじ1/2杯)
  • サラダ油小さじ1杯弱
  • ごま油(仕上げ用)大さじ1/2杯

下ごしらえ

・キャベツはみじん切りし、大葉は千切りします。

作り方

1

ボウルにさんま缶を入れフォークで細かくほぐし、キャベツ、大葉を入れてよく混ぜ合わせます。※缶詰の汁気が多い場合はあらかじめ汁気を切ります。

2

餃子の皮の縁に水をつけ、①をスプーン1杯分のせて包みます。

3

中火で熱したフライパンにサラダ油を薄く引き、餃子を並べ入れます。

4

小麦粉を溶いた水を加えてフタをし、水分がほぼなくなるまで中火で5分ほど蒸し焼きにします。

5

水分がほぼなくなったらフタを取ってごま油を回し入れ、こんがりと焼き色がつくまで焼いて完成です!

コツ・ポイント

・あらかじめ味付けがしてある缶詰を使用することで、タレをつけなくてもそのまま美味しく召し上がれます。
・水溶き小麦粉を入れることでパリパリ食感の羽根つき餃子になりますよ。
缶詰を使用したレシピ動画はこちら

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni_channel

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう