ライター : akiyon

犬のお散歩とお弁当作りが日課の主婦ライター。「食」や「暮らし」の分野での、トレンド情報・レシピなどをお届けします。毎週木曜日に「カルディのおすすめ商品」の記事を更新中です♪

Twitterで話題!ゆで卵を浅漬けにするとおいしいらしい

Photo by akiyon

最近Twitterでとても話題になっているのが、「ゆで卵の浅漬け」のアイデア。またたく間に15万も “いいね” を獲得するほど大反響を呼び、「絶対間違いないやつ」「ちょっと地味だけど、天才的においしかった」とたくさんの反応が寄せられていました。

macaroni でも過去に白だしで味玉を作ったことがありますが、その手順は驚くほど簡単!詳しい作り方とその味をレビューしていきたいと思います。

進化系味玉のレシピはこちら▼

材料

Photo by akiyon

・卵(冷蔵庫から出したてのものでOK)……作りたい個数
・市販の浅漬けの素……適量

ゆで卵を作って漬けるだけ!失敗しない作り方

1. 卵を好みの固さにゆでる

Photo by akiyon

鍋に水を入れて沸騰させ、卵を入れてゆでます。ゆで時間の目安は半熟だと7分、固ゆでの場合は10分ほどです。卵にひびが入ったり割れたりしないよう、お玉やスプーンなどを使ってそっと湯の中に入れましょう。

ゆで始めに卵をゆっくり転がしておくと、黄身の片寄りを防げますよ。

2. ゆで卵を氷水で冷やして殻をむく

Photo by akiyon

ゆであがったらすぐに氷水に浸し、卵が冷えるまで10分ほど置いておきます。

Photo by akiyon

急速に冷やしたことにより殻との間にすき間ができて、とてもむきやすくなります。殻の内側の薄皮を破くと、つるんときれいにむけますよ。

3. 浅漬けの素に漬ける

Photo by akiyon

ジッパー付きの保存袋にゆで卵を入れ、浅漬けの素を適量加えます。そのまま冷蔵庫で3時間~ひと晩、漬けておいたら完成!

漬け時間で違う!時間ごとの味をチェック

3時間:ほどよい塩気で白身がプリプリ

Photo by akiyon

3時間ほど漬けたものをカットしてみると、目にも鮮やかなオレンジ色の黄身が出現!白身にはもうすでに十分な塩気があり、プリプリっとした食感が印象的です。

黄身にはまだそれほど塩気が染み込んでいませんが、ねっとりこっくりとした味わいに。全体に思ったよりも塩気を感じ、黄身の旨みが増しているように思います。これならこのまま食べるほか、卵サラダやタルタルソースの具材にも使えそう!やさしい味わいなので、小さなお子さんの食事にもおすすめです♪
Photos:9枚
浅漬けの素のボトルと器に入ったたまご3個
容器に入った浅漬けの素、ボウルに入れた卵2個
鍋で卵をゆでているところ
氷水に漬けたゆで卵2個
ゆで卵の殻をむいているところ
保存袋に入ったゆで卵2個と浅漬けの素
浅漬けの素で3時間漬けたゆで卵の断面
浅漬けの素でひと晩漬けたゆで卵の断面
食パンに卵サラダをのせているところ
一覧でみる
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ