ライター : macaroni 料理家 えも

調理師

元料理教室講師。現在はmacaroniの料理家として活動しています。食べることとお酒を飲むことが大好き。お菓子作りとイタリアンが得意。

ふわふわのホットケーキを作りたい!

Photo by macaroni

こんにちは。macaroni 料理家のえもです!この連載ではお菓子作りが大好きな私が、写真付きでていねいにお菓子の基本を解説しています。

一日を通して寒い日が増え、すっかり冬に近付いてきましたね。今年は秋が短いような気がしてなんだかさみしいです。最近の休日は、姪っ子が芋掘りで取ってきたさつまいもを使って、一緒にお菓子を作っています。

さて、前回の記事では、ホットケーキは卵なしや牛乳以外のものでもおいしく焼けるのか?について検証しました。今回は身近な食材を“ちょい足し”すると、仕上がりがどのように変わるのかを検証していきたいと思います。

ふわふわのホットケーキが作りたい方、自分好みのホットケーキを作りたい方、必見ですよ♪

前回の記事はこちら▼

ホットケーキにちょい足しして大検証!

Photo by macaroni

基本の材料に炭酸水、ヨーグルト、マヨネーズ、レモン果汁、みりんを加えるとどんな違いが出るのか検証してみたいと思います。

〈基本のレシピ〉
ホットケーキミックス……150g
卵……1個(約52g)
牛乳……100cc

このレシピをもとに、「牛乳+炭酸水合わせて100cc」、「牛乳+ヨーグルト合わせて100g」にしたものと、「マヨネーズ大さじ1杯」、「レモン果汁大さじ1杯」、「みりん大さじ1杯」を足したものを、それぞれ弱火で3分、裏返して2分ずつ焼いてみました。

焼き上がりを比較

Photo by macaroni

断面をよく見てみるとそれぞれ厚みや気泡の大きさに違いが見られます。

炭酸水のホットケーキはあまり高さが出なかったものの、細かい気泡がたくさん入っています。マヨネーズで作ったホットケーキも細かい気泡が入っていますが、こちらは若干厚みが出ている様子です。

また、ヨーグルトとみりんを加えたホットケーキは大きな気泡があり、一番厚みが出ていますね。これはヨーグルトの酸、みりんのアルコールの効果でふっくらと厚みが出たのではないかと考えられます。

レモン果汁で作ったホットケーキは大きな気泡が少なく、厚みも普通のホットケーキとあまり変わらない仕上がりとなりました。

味と食感を比較

炭酸水

Photo by macaroni

もっと厚さが出ると思っていましたが、ノーマルのホットケーキと同じくらいの厚みになりました。

ただし、気泡がたくさん入っているからか、ふわっと軽い食感に仕上がりました。牛乳を半量減らして炭酸水を加えたのもあり、あっさりとした素朴な味わいです。

ヨーグルト

Photo by macaroni

生地にかなり厚みが出ました。口の中に入れると、しっとりとした食感ともっちりとした歯応えのある食感に仕上がりました。

味はヨーグルトの風味を感じるものかと思いましたが、風味は全量牛乳のものとほぼ変わりませんでした。

マヨネーズ

Photo by macaroni

細かい気泡がたくさん入っているからか、炭酸水を加えたホットケーキと同じくらい軽い食感に仕上がりました。

パサついた感じはなく、しっとりとした食感も楽しめます。マヨネーズの風味や酸味は感じられず、プレーンのものとほぼ変わらない味わいでした。

編集部のおすすめ