ライター : macaroni 編集部 高崎

ヘルス&ビューティー担当ディレクター

関西出身、寿司屋の娘。管理栄養士の資格を持つ。健康的な食生活を心がけているものの、仕事終わりのビールはやめられない。好きなものは、おいしいパンと素敵なうつわ。

監修者 : 中村りえ

管理栄養士・料理家

「暮らしをちょっと楽しくするおやつ」をモットーに子どもと楽しめる体に優しいおやつレシピを発信中。働きながら子育てを楽しむ2児の母。健康・美容・栄養などの切り口で管理栄養士なら…もっとみる

秋の5色スムージーで、健康的なダイエットにチャレンジ!

こんにちは。macaroni 編集部の高崎です。暑い夏が過ぎ、食いしん坊にはうれしい“食欲の秋”がやってきました!が、脳裏をよぎるのは“ダイエット”の5文字。秋の味覚を堪能するためにも、体型管理は必須ですよね。

そこで注目したのは、無理なく続けやすいというスムージーダイエット。朝昼晩の3食はバランスの良いものをしっかりと食べ、間食やデザートをスムージーに置き換える方法です。手軽にトライできそうですが、果たして効果はあるのか……?実際にチャレンジしてみることに。

レシピの考案は、macaroniでグルテンフリースイーツのレシピを教えてくれている管理栄養士の中村りえさんに依頼。秋の果物を使う5色のスムージーの作り方を教わりました。色ごとに異なる健康、美容作用が期待できるそうですよ。

まずは一日1種類ずつ、5日間飲み続けてみました。中村さんの解説を交えつつ、体の変化もレポートしますよ!
参考にした記事はこちら▼

Day1.【緑】肌イキイキ!キウイと小松菜のグリーンスムージー

Photo by macaroni

「キウイやバナナ、小松菜を合わせるスムージー。バナナと豆乳を加えるとマイルドな味わいになり、グリーンスムージーが苦手な方でも飲みやすい仕上がりになりますよ。

豆乳に含まれるたんぱく質は、肌や筋肉の素となるため意識して摂りたい栄養素です。グリーンキウイはゴールドキウイよりも食物繊維が多く、エネルギーは低いです。便秘が気になるときやダイエット中は、グリーンキウイを選ぶと良いですよ」(※1,2,3)

材料

・キウイフルーツ(グリーン)……1個
・バナナ……1本(80g)
・小松菜……1株(50g)
・豆乳……100cc

作り方

1. キウイフルーツは皮をむいてひと口サイズに、小松菜はざく切りにする。バナナは皮をむいてひと口大にちぎる

2. ミキサーに材料をすべて入れ、滑らかになるまで混ぜる

編集部員 高崎のひと口メモ

まずは定番のグリーンスムージーからスタート!個人的にグリーンスムージーに少し苦手意識がありましたが、豆乳を加えることでまろやかになり飲みやすい。小松菜はたっぷり50g入りますが、クセや苦味もなく、お子さんや私のようにグリーンスムージーが苦手な方でも、おいしく飲むことができると思います。バナナが入っているので、腹持ちも良かったです。

Day2.【紫】目の疲れにはこれ。ぶどうとブルーベリーのシュワっとスムージー

Photo by macaroni

「ぶどうとブルーベリーをミキサーにかけたものを炭酸水で割る、すっきりとした後味のスムージー。ぶどうやブルーベリーには、アントシアニンというポリフェノールが豊富に含まれています。目の神経のはたらきをサポートするので、目を酷使したときに摂るのがおすすめ。

ポリフェノールは紫色のぶどうの皮に多く含まれているので、皮ごと食べられる品種を選んでください」(※4)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ