手軽にできる!「鯖缶ダイエット」のうれしい効果とやり方

安価でおいしい鯖缶は、給料日前はもちろん、実はダイエット中も頼りになる食材です。この記事では、鯖缶を食べて効率よく痩せていくにはどうすればいいのか、痩身に役立つ理由も合わせてご紹介!おすすめしたい鯖缶レシピも、要チェックですよ。

2019年4月10日 更新

ライター : ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅広く書いていこうと思います。日本酒が好きで飲み歩きも多いこの頃。旅行先のカフェに行くのも好きです。どうぞ宜…もっとみる

鯖缶を食べてやせる?

メディアでそのダイエット効果が紹介されて以来、一時は店頭から消えるほどの人気ぶりだった鯖缶。SNSでも拡散され、鯖缶ダイエットが定番のダイエット法のひとつとなり、その人気はすっかり定着したように見えます。 どうして鯖缶はこれほど広く受け入れられているのか。理由は、鯖缶がダイエット効果だけではなく、ほかにも多くの健康効果が期待できるという点にあるのです。

なぜ鯖缶にダイエット効果が?

では、なぜ鯖缶にダイエット効果があるといわれるのでしょうか。 これは鯖に限らず青魚全体に言えることですが、サバ類、イワシ類、サンマなどの青魚には、EPA(エイコサペンタエン酸)という成分が多く含まれています。この成分がダイエット効果に深く関わるため、「やせる」といわれているのです。

EPAとは

EPA(エイコサペンタエン酸)とは、人間の体内では作ることのできない栄養素で、必須脂肪酸のひとつ。食事から摂取する必要のある健康に欠かせない成分です。鯖のほかにもイワシやサンマ、マグロ、カツオなどの青魚に多く含まれています。ただし、過剰摂取すると血液が凝固しにくくなるとの指摘もあり、健康によいからといって摂りすぎは禁物です。

EPAのダイエット効果

EPAにはさまざまな健康効果がありますが、ダイエットに関しては次のようなことが分かっています。

脂肪燃焼の促進

EPAには、血中の中性脂肪を減らすほか、皮下脂肪や内臓脂肪を減らす効果が認められています。これは、脂質代謝に関わる遺伝子にEPAが働きかけ、脂肪燃焼が促進されたことによるものだと、動物実験の結果から報告されています。(※1)

"やせホルモン"の分泌を促進

EPAには、脂肪酸感受性細胞に働きかけ、「GLP-1」という"やせホルモン"の分泌を促す作用があります。このGLP-1には、胃の消化活動を緩やかにすることで食欲を抑えたり、膵臓に作用しインスリンの量を調整することで血糖値を安定させる効果が期待できます。(※2)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS