コツ・ポイント

皮を厚めにむいてなめらかに

さつまいもの皮付近には繊維質が多いため、皮を厚めにむくのがポイント。なめらかな食感のクリームに仕上がりますよ。さつまいもの皮は捨てずに、きんぴらやかき揚げなどの料理にご活用ください。

じっくり煮て甘さを引き出す

さつまいもの甘さを引き出すため、さつまいもを弱めの中火でじっくり煮るのがコツです。より甘さを求める場合は、洗ったさつまいもをアルミホイルで包み、160℃のオーブンで70~90分焼いてから、材料と混ぜる作り方をお試しください。

簡単でおしゃれ。おすすめの使用方法

パンに挟んでサンドイッチ

Photo by Uli

パンにさつまいもクリームを挟めば、ボリューム満点のサンドイッチになります。生クリームやあんこ、クリームチーズを一緒にサンドするのもおすすめ。仕上げに塩をふると、さつまいもクリームの甘さがいっそう際立ちますよ。

ビスケットにトッピング

Photo by Uli

手軽におやつを食べたいときは、お好みのビスケットにさつまいもクリームを絞りましょう。ビスケットにマシュマロやチーズをのせ、トースターで焼いてからさつまいもクリームを絞ると、本格的なスイーツになりますよ。

さつまいもクリームをお菓子作りや料理に活用!

さつまいもクリームは冷凍保存ができるので、まとめてたっぷり作っておいてもいいですね。1食分ずつ小分けにしてラップで包んでおけば、少量から使えて便利ですよ。

お菓子作りだけでなく、コンソメスープでのばしてさつまいもスープにしたり、ハムやチーズを混ぜてサラダにしたり、と料理にも活用できます。さつまいもクリームを上手に使って、おやつタイムや食事の時間をもっと充実させましょう。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ