甘栗の栄養を効率よく摂れるレシピ5選

1. 鶏もも肉と甘栗のトマトクリームスープ

Photo by macaroni

鶏もも肉の旨みがおいしい、パンにも合うトマトスープ。スープにすることで甘栗に含まれている水溶性のビタミンB1やカリウムを効率良く摂り入れることができます。また、動物性たんぱく質である鶏もも肉は、鉄を吸収しやすくしてくれますよ。(※1,3,5,7)

2. 甘栗の炊き込みご飯

市販の甘栗を使うと、栗の下ごしらえを省けるため簡単に炊き込みご飯が作れますよ。甘栗をそのまま炊き込むことで、水溶性のビタミンB1やカリウムがお米に吸収され、効率よく摂り入れることができます。(※5,7)

3. 鍋ひとつで簡単、参鶏湯

鍋ひとつで材料を煮込むだけで簡単にできる参鶏湯。鶏肉の動物性たんぱく質が甘栗に含まれる鉄の吸収をアップしてくれます。煮汁に溶け出た水溶性の成分ももち米が吸って、甘栗の栄養をあますことなく摂ることができますよ。(※1,3,5,7)

4. 甘栗と野菜たっぷりキッシュ

栗や野菜をたっぷりと加えるキッシュはごちそう感があり、おもてなしにもピッタリです。卵やベーコンなどの動物性たんぱく質が入っているので、栗に豊富な鉄を効率的に吸収できますよ。(※3)

5. 甘栗ムース

Photo by macaroni

市販の甘栗をミキサーにかけるだけで、裏ごし不要のなめらかなムースができます。水溶性の栄養素もあますことなく摂り入れることができ、牛乳の動物性たんぱく質が栗に豊富な鉄の吸収を高めてくれますよ。(※3,5,7)

甘栗の栄養を効率良く摂り入れよう

ほくほくとした甘みがおいしい甘栗。そのまま食べてもおいしいですが、生栗で必要な下ごしらえを省けるため、料理やデザートにも手軽に使えます。ただし、カロリーが高めなので、ダイエット中の方は食べ過ぎには注意が必要です。

甘栗の栄養には、エネルギーをうまく作リ出すはたらきや、便秘・むくみ対策など女性に嬉しい成分が沢山含まれています。紹介したレシピを参考に、甘栗の栄養を摂り入れてみてくださいね。
【参考文献】
(2021/07/01参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ