話題の「味噌玉」基本のレシピ!おすすめの具材や調味料もご紹介

インスタントではなく自家製のみそ汁が食べたい時にすぐ食べられる「味噌玉」をご紹介します。時間がない日の食事はもちろん携帯もできるのでお弁当と一緒に持っていくのもおすすめ!おすすめの具材や保存方法もご紹介します。

便利なストック品「味噌玉」とは?

毎日のことをもっと時短できたらとっても楽ですよね。味噌玉とは、一杯分の味噌汁の具材をラップに包んで、丸くまとめ保存しておく方法です。この味噌玉をお碗にだして熱湯をかければすぐにお味噌汁を飲むことができるんです。また会社や学校など、お湯が用意できるところならお弁当として味噌汁を楽しむことも♪

味噌玉の基本の作り方

材料(味噌玉10個分)

・味噌……100g
・顆粒だし…小さじ2杯

作り方

1. 味噌と顆粒だしをよく合わせます。

2. 10gずつラップに分けていきます。

3. ラップをキュッと結んでください。

4. お椀に味噌玉を入れ、熱湯を注いだら簡単に味噌汁の完成です。

だしの種類を変えてお気に入りの味に!

お気に入りのだしパックを使用することで、香りの高い本格的なお味噌汁にすることも可能!また顆粒だしではなく、かつお節や粉状の昆布だしなどでもおいしく食べられますよ。さまざまなだしで試してみてくださいね。

味噌玉に向いている食材

味噌玉は小さくまとめて保管しておくので、小さめの具材などがおすすめです。火の通りづらい野菜を使用する場合は、一度下ゆでしておくとお湯を注いだだけでも食べられますよ!ご家庭の味に合わせてお好みの具を入れてくださいね。また、具材だけではなく調味料もさまざまなアレンジが可能です♪

1. 乾燥わかめ

ワカメは、お味噌汁に欠かせない食材ですよね!乾燥ワカメなら小さくなっているので、味噌に少量混ぜるだけ。生のわかめと違って、かさばらないので手軽に加えられるおすすめ具材です。

2. ネギ

ネギは生でも食べることができるので、熱湯で十分火を通すことができます。万能ねぎを細かくカットして加えれば、立派なお味噌汁の具になりますよ!ネギは、多めに加えるのがおすすめです。

3. のり

のりも味噌玉の具におすすめ!ちぎったのりを味噌に混ぜておけば、あおさの味噌汁が手軽に食べられますよ。味付きののりを入れるときは、だしの量を調節してくださいね。トロッとした食感が◎

4. ゴマ

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ぽん

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう